くらし情報『個人事業主は家賃を経費で落とせる?仕訳の方法&注意点をFPがわかりやすく解説』

2020年5月4日 20:00

個人事業主は家賃を経費で落とせる?仕訳の方法&注意点をFPがわかりやすく解説

目次

・事務所を借りている場合の家賃
・自宅で個人事業をしている場合の家賃
・賃貸物件は必要書類に注意
・経費にする家賃の計算方法と仕訳
・個人事業主の家賃と経費に関するまとめ
個人事業主は家賃を経費で落とせる?仕訳の方法&注意点をFPがわかりやすく解説


https://manetasu.jp

個人事業主で支出した費用については、経費として計上することで所得を圧縮して節税することができます。ただ、個人事業主は法人に比べると経費として認められる範囲が非常に狭いので、経費漏れのないよう徹底することが大切です。

そんな中、よくご質問をいただくのが家賃の取り扱いについてです。そこで本記事では、家賃を経費として計上する場合の注意点について詳しく解説します。

事務所を借りている場合の家賃

事務所を借りている場合の家賃


自宅とは別に事務所を借りて個人事業を営んでいる場合は、支払っている家賃全額が経費として認められます。これは当然といえば当然です。

例えば、個人事業でラーメン屋をしていた場合、ラーメン屋の店舗の家賃は全額経費として計上して節税することが可能です。問題なのは、次のようなケースでしょう。

自宅で個人事業をしている場合の家賃

個人事業主の方の中には、事業が拡大するまで自宅兼事務所のような形で、自宅で事業を行うケースがよくあります。最近では、業種によってはパソコンさえあれば営業することができるので、余計な出費を抑えるために自宅で起業する人は少なくありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.