くらし情報『個人年金保険にかかる税金とは?知って得するお金の知識をFPが徹底解説!』

2020年5月18日 20:00

個人年金保険にかかる税金とは?知って得するお金の知識をFPが徹底解説!

目次

・個人年金保険の課税はどうなっている?
・年金の支払いがあったら所得税・住民税がかかる
・年金受給権に贈与税がかかることも!
・当事者が亡くなったときはどうなる?
・iDeCoでかかる税金との違いは?
・個人年金保険の節税ポイント
・個人年金保険にかかる税金に関するまとめ
個人年金保険にかかる税金とは?知って得するお金の知識をFPが徹底解説!


https://manetasu.jp

年老いてからの生活費の準備に活用できる個人年金保険ですが、税金がかかることをご存じでしょうか?課税にはいろいろなパターンがあるので、基本的な内容を知っておきましょう。

本記事では、個人年金保険の税金について解説します。節税のポイントについてもまとめていますので、参考にしてください。

個人年金保険の課税はどうなっている?

個人年金保険の課税はどうなっている?


老後の生活費は国からもらう年金だけでは足りないという人がほとんどですから、個人年金保険を受け取れると心強いものです。しかし、忘れてはならないのが税金です。保険契約でお金をもらったとしても、課税はされます。

タイミング別・かかる税金
個人年金保険を契約すると、何年か継続して保険料を積み立て、契約で定めた年齢(60歳など)になれば年金として払ってもらうことになります。タイミングにより意識しておくべき税金は、次の表のとおりです。
個人年金保険にかかる税金とは?知って得するお金の知識をFPが徹底解説!


どんなときに課税される?
税金が発生するのは、年金や一時金、年金受給権、解約返戻金などをもらったときです。ただし、個人年金保険を解約して利益が出るケースはあまりないので、解約時はそれほど心配しなくてよいでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.