くらし情報『賃貸の家財保険とは?補償の仕組み&必要性をFPがわかりやすく解説!』

2020年5月22日 20:00

賃貸の家財保険とは?補償の仕組み&必要性をFPがわかりやすく解説!

目次

・賃貸住宅のための火災保険の必要性
・賃貸住宅のための火災保険に必要な補償と保険料の目安
・賃貸住宅用の火災保険はどこで契約すればよいか?
・賃貸住宅の家財保険に関するまとめ
賃貸の家財保険とは?補償の仕組み&必要性をFPがわかりやすく解説!


https://manetasu.jp

アパートやマンションの賃貸契約の際に加入する火災保険。たいていの人は言われるがままに加入していると思いますが、本当に必要なのでしょうか。必要だとしたら、補償内容は現状のままでよいのでしょうか。

今回は賃貸住宅のための火災保険、いわゆる家財保険について知っておきたい基本的なポイントをお伝えします。

賃貸住宅のための火災保険の必要性

賃貸住宅のための火災保険の必要性


アパートやマンションの火災保険を十分に吟味して加入した人というのは少数派ではないでしょうか。そして、そもそも賃貸住宅に火災保険は必要なのでしょうか?

アパートやマンションなどの賃貸住宅で火災保険が必要になる場合とは?
アパートやマンションの建物は大家さんの所有物なので、建物の損害については大家さんが火災保険に加入しています。

賃借人には大家さんへの原状回復義務がある
アパートやマンションなどの賃貸借契約では、借主には借りていた物件を退去する際に、借りたときと同じ状態で明け渡す「原状回復義務」を負います。そのため、火災や水濡れなどで部屋に損害を与えた場合は、借主の費用負担で元どおりに修復しなくてはなりません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.