くらし情報『個人事業主が法人化する方法とは?条件・手続きの流れをFPが徹底解説!』

2020年5月24日 14:00

個人事業主が法人化する方法とは?条件・手続きの流れをFPが徹底解説!

目次

・法人化の方法・手続き
・法人化の条件・タイミング
・会社設立後に注意すべきポイント
・法人化のメリット
・法人化のデメリット
・個人事業主の法人化に関するまとめ
個人事業主が法人化する方法とは?条件・手続きの流れをFPが徹底解説!


https://manetasu.jp

個人事業主として、事業を運営しながら、いつか自分の会社を持ちたいと考えている方も多いでしょう。実際に、いつ法人化するのがベストなタイミングかという相談は非常に多いです。

法人の設立は、事業継続はもちろん、その人の人生においてもターニングポイントとなる大きなイベントです。メリットやデメリットをしっかり理解しておかなければなりません。

今回は個人事業主が法人化する方法やそのメリット・デメリット、さらにその手続きなどについて詳しく解説していきます。

法人化の方法・手続き

法人化の方法・手続き

法人化とは?
法人化(法人なり)とは、個人事業主として事業を運営していた者が、事業の拡大や節税などを理由に法人(一般的に株式会社)を設立し、その法人に事業を引き継ぐことをいいます。

(1)会社を設立する
個人事業主が法人化する場合、新会社を設立しなければなりません。会社の形態には、株式会社や合同会社などがあります。どの会社形態にするかは、設立費用や必要な社会的信用力に応じて決めましょう。

実際には、取引拡大を目指して株式会社を設立するケースが多いのではないでしょうか。そして、個人事業主自身が発起人となって、新会社設立の手続きを行います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.