くらし情報『【FP解説】住民税が払えないとどうなる?差し押さえになる前に知っておきたい対処法』

2020年6月14日 14:00

【FP解説】住民税が払えないとどうなる?差し押さえになる前に知っておきたい対処法

目次

・住民税と所得税の違い
・住民税の納税方法
・収入がない場合、住民税は減免されるのか
・住民税を滞納するとどうなる?
・差押さえを防ぐための対処法
・住民税が払えない場合に関するまとめ
【FP解説】住民税が払えないとどうなる?差し押さえになる前に知っておきたい対処法


https://manetasu.jp

税金を納めることは国民の義務ですが、場合によってはお金がなくてどうしても払えないという状況に陥ることがあります。中でも甘く見ている方が多い税金が住民税です。

そこで本記事では、住民税が払えない場合にどうなるのか、そして払えない場合の対処法について詳しく解説します。

住民税と所得税の違い

住民税と所得税の違い


そもそも住民税と所得税の違いについて、よくわからないという方もいるのではないでしょうか。

住民税とは各地域の行政が行っているサービスなどを維持していくために負担する税金で、自分が居住している都道府県に支払う都道府県民税と、市町村に支払う市町村民税、特別区民税のことをいいます。

支払った税金は地域の公園の整備や、学校や図書館の運営など生活インフラとして必要不可欠な部分に使われるので、住みやすい街づくりのためにも絶対に納めなければなりません。

対して所得税は所得に対して課税される国税で、所得金額が高くなるにつれて税率も上がります。社会全体のために使われる貴重な財源であり、国全体のために使われるという点で住民税とは異なります。

住民税の納税方法

住民税の納税方法


住民税はその人の住んでいる住所地の自治体から課税される税金です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.