くらし情報『地震保険の加入率はどのくらい?都道府県別の推移&必要性をFPが徹底解説!』

2020年6月12日 14:00

地震保険の加入率はどのくらい?都道府県別の推移&必要性をFPが徹底解説!

目次

・地震保険の都道府県別の付帯率の推移
・地震保険の都道府県別の世帯加入率の推移
・地震保険の必要性は「被災したときに分かる」
・本当に被災したら「いくら必要か」を考えてみよう
・根拠のない自信や楽観論より「備え」が重要
・加入率はともかく地震保険には加入しよう!
地震保険の加入率はどのくらい?都道府県別の推移&必要性をFPが徹底解説!


https://manetasu.jp

こんにちは、婚活FP山本です。東日本大震災を受けて、日本国内の地震保険への加入率は高まってきています。しかしながら高まってきているものの、まだまだすべての世帯に行き届いているとはいえないのが実情です。

一体、現在の地震保険の加入率はどの程度なのか……気になる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、地震保険の都道府県別の加入率の推移と必要性についてお伝えします。あなたの人生に、お役立てくださいませ。

地震保険の都道府県別の付帯率の推移

地震保険の都道府県別の付帯率の推移


まずは早速、地震保険の都道府県別の加入率についてお伝えします。そもそも地震保険というのは、「火災保険とセットで(付帯させて)」加入する保険です。そんな火災保険への付帯率は、損害保険料率算出機構によると以下のように推移しています。なお、数字は割合です。

地震保険の加入率はどのくらい?都道府県別の推移&必要性をFPが徹底解説!


ひとまず全体平均の数字を見ると、「増えているのは確か」といえます。しかし都道府県を細かく見ると、加入率には温度差があるのが実情です。ちなみに最新の2018年度では、もっとも付帯率が高いのは宮城の86.8%、低いのは長崎の50.1%となっています。

最新の全体平均は65.2%となっていますから、おおよそ3人に2人、3世帯に2世帯は地震保険に加入しているのが現実です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.