くらし情報『住民税の滞納で差し押さえになるまでの流れとは?回避するための対処法もFPが解説』

2020年6月19日 14:00

住民税の滞納で差し押さえになるまでの流れとは?回避するための対処法もFPが解説

目次

・住民税を支払う期間とタイミング
・滞納した場合には連絡がくる
・住民税の滞納で取引先に通知がいく?
・住民税と差し押さえに関するまとめ
住民税の滞納で差し押さえになるまでの流れとは?回避するための対処法もFPが解説


https://manetasu.jp

会社員の方は住民税が給与から天引きされているので滞納することはまずありませんが、自営業やフリーターの人など普通徴収になっている人については、納付が遅れると住民税の滞納状態になります。

税金の支払いを甘く見ていると、実は結構あっさりと差し押さえされてしまうことがありますので注意が必要です。そこで本記事では、住民税が差し押さえられる流れと、差し押さえを回避するための対処法について詳しく解説します。

住民税を支払う期間とタイミング

住民税を支払う期間とタイミング


住民税の滞納について考える前に、まずは住民税の正しい納期について確認しましょう。納期限は会社員とそれ以外とで次のように異なります。

特別徴収の場合
会社員の場合は給与から差し引かれて自動で支払われているので、あまり納期限について意識したことはないかもしれませんが、基本的には年間の税額は6月から翌年の5月までの12回に分けた税額が、毎月の給料から差し引かれていきます。そして翌月の10日までに会社が納税するという流れです。

普通徴収の場合
自営業の人やバイトを掛け持ちしている人については、自分で住民税を納税する普通徴収になります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.