くらし情報『ベーシックインカムのデメリットとは?導入事例から見る制度の問題点をFPが解説』

2020年7月6日 20:00

ベーシックインカムのデメリットとは?導入事例から見る制度の問題点をFPが解説

目次

・ベーシックインカムとは?制度の概要
・ベーシックインカムの導入事例
・ベーシックインカムの問題点とは?
・ベーシックインカムが日本で導入される可能性
・ベーシックインカムのデメリットに関するまとめ
ベーシックインカムのデメリットとは?導入事例から見る制度の問題点をFPが解説


https://manetasu.jp

世界各国で新たな社会保障として注目されているベーシックインカム。国が国民全体に基本的な所得を保障するこの制度は、2020年に起こったコロナウイルスの感染拡大によって、さらに注目を浴びています。

しかし、ベーシックインカムは問題点も多く、話題には上がるものの導入に踏み切る自治体はなかなか出てきません。この記事ではベーシックインカムの制度と問題点を解説します。

ベーシックインカムとは?制度の概要

ベーシックインカムとは?制度の概要


ベーシックインカムとは、国が国民全体に生活保障のためのお金を給付する社会保障政策です。生活保護をはじめとした既存の社会保障政策は、受給するのに一定の条件があります。一方、ベーシックインカムは無条件で支給するという特徴があります。

ベーシックインカムは社会主義的な考えとは違い、資本主義社会の下支えとなる政策です。最低限の生活を保障して、それ以外の収入や経済活動は国民が自由に行うことができます。

ベーシックインカムが注目されている理由は現在、各国で起こっている社会課題に対して有効な解決策となるポテンシャルがあるからです。

ベーシックインカムを導入するメリット
ベーシックインカムは低賃金や働けない人への保障となるとともに、人々の働き方や会社の在り方を変えるインパクトのある政策です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.