くらし情報『株主になると配当金はいつ・いくらもらえる?株式投資の配当金の仕組みを専門家が解説』

2020年7月2日 14:00

株主になると配当金はいつ・いくらもらえる?株式投資の配当金の仕組みを専門家が解説

目次

・配当金とは
・配当利回りとは
・【いつ・いくら貰える?】株式投資の配当金の仕組み
・高利回り銘柄の3つの注意点
・株主・配当金に関するまとめ
株主になると配当金はいつ・いくらもらえる?株式投資の配当金の仕組みを専門家が解説


https://manetasu.jp

生活費を株の配当金で賄ってしまおうという、いわゆる配当金生活に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。また、そこまではいかないまでも、配当金をたくさん貰って効率的に資産運用したい、という人も多いかと思います。

ですが、配当金を貰う前に、まずは配当金について基本的な情報を整理しておきたいですよね。そこで今回は、配当金をいつ・いくら貰えるのか、どうしたら貰えるのか、高利回り銘柄の注意点などを解説していきます。

配当金とは

配当金とは


まずは「そもそも配当金とは?」という疑問からお答えしていきます。

配当金とは、株式会社が得た利益から株主に分配される現金
配当金は、株を保有していると年に1回~4回程度、投資先の企業から分配される現金のことです。配当金額や、年何回配当するかは企業により異なります。

基本的に配当金の原資は企業の利益(より正確にいうと利益剰余金)です。そのため、業績の上下により配当金も上下する可能性があります。また配当金を出さない企業もたくさんあります。

なお、株式会社の剰余金から配当金などを受け取る株主の権利を、利益配当請求権といいます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.