くらし情報『老後資金はいくら必要?世帯別の必要額&今から始められる貯蓄法をFPが解説!』

2020年7月25日 14:00

老後資金はいくら必要?世帯別の必要額&今から始められる貯蓄法をFPが解説!

目次

・老後資金の蓄えはなぜ必要か
・定年後までに準備すべき金額の目安
・下流老人が増えるわけ
・老後生活の困窮を回避する3つのポイント
・老後生活資金を準備する方法
・老後資金にいくら必要かに関するまとめ
老後資金はいくら必要?世帯別の必要額&今から始められる貯蓄法をFPが解説!


https://manetasu.jp

老後2,000万円が不足するとの報道が出て以降、老後資金について心配する人が増えているようです。実際のところ、老後にはどのくらいの金額が必要になるのでしょうか。

本記事では、老後のために備えておくべき金額の目安や考え方、具体的な貯蓄方法について、実際の事例を紹介しながら詳しく解説します。

老後資金の蓄えはなぜ必要か

老後資金の蓄えはなぜ必要か


老後の生活資金というと、真っ先に年金を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。「老後は年金をもらうから、老後資金の準備なんて必要ない」、なんて思っている人は少なからずいるのではないかと思います。

そんな風に思っている人に質問です。みなさんは老後にいくら年金をもらえるかご存知でしょうか。年金事務所などから定期便で支払い状況が送られてきますが、見てもイマイチいくらもらえるのかわからない、と思っている人は多いのではないかと思います。

ここからは平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況をもとに解説します。

共働き世帯の夫婦が定年退職後もらえるお金
夫婦が共働きの会社員だった場合、もらうことができる年金は次のようになります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.