くらし情報『日本の年金制度は崩壊する?年金破綻の実情をFPがわかりやすく解説!』

2020年7月31日 14:00

日本の年金制度は崩壊する?年金破綻の実情をFPがわかりやすく解説!

目次

・日本の年金制度の現状
・なぜ、日本の公的年金制度は破綻しないのか
・年金不安への対策
・年金制度崩壊に関するまとめ
日本の年金制度は崩壊する?年金破綻の実情をFPがわかりやすく解説!


https://manetasu.jp

国民年金は日本国民なら20歳になったら加入しなくてはならないはずなのに、納付率が6割に満たないという調査結果が出ています。「年金財政はいずれ破綻するから年金保険料は払わない」という若者が増えているのです。

さらに、2019年の金融庁報告書をきっかけとした「老後2000万円問題」のニュースが、公的年金制度への不信に拍車をかけるようになりました。本当に日本の年金制度は破綻するのでしょうか。

今回は年金制度の実情と、私たちが備えるべきことについてわかりやすくお伝えします。

日本の年金制度の現状

最初に、簡単に日本の公的年金制度の現状についてご説明します。公的年金制度の仕組みは「2階建て」と呼ばれます。

  • 基礎年金(1階部分)として、20歳以上60歳未満のすべての人を強制加入とする「国民年金」
  • 基礎年金の上乗せ(2階部分)として、厚生年金・共済年金などの被用者年金
  • さらなる上乗せ(3階部分)として確定拠出年金や厚生年金基金などがあります。

    日本の年金制度の現状


    厚生労働省ホームページ

    公的年金は世代間扶養の仕組み
    公的年金制度でよくある誤解に、「自分が受け取る年金は自分が負担していた年金保険料から支払われる」

    関連記事
    新着くらしまとめ
    もっと見る
    記事配信社一覧
    facebook
    Facebook
    instagram
    instagram
    twitter
    twitter
    YouTube
    YouTube
    上へ戻る

    Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.