くらし情報『個人事業主が源泉徴収される・されないケースとは?税の基礎知識・請求書の書き方etc.まとめ』

2020年9月17日 14:00

個人事業主が源泉徴収される・されないケースとは?税の基礎知識・請求書の書き方etc.まとめ

目次

・源泉徴収とは
・個人事業主が源泉徴収される・されないケース
・源泉徴収される所得税の計算方法
・源泉徴収されるときの請求書の書き方
・源泉徴収された所得税の確定申告(納税)について
・個人事業主の源泉徴収の会計処理方法
・個人事業主が源泉徴収される・されないケースに関するまとめ
個人事業主が源泉徴収される・されないケースとは?税の基礎知識・請求書の書き方etc.まとめ


https://manetasu.jp

個人事業主やフリーランスとして事業を行っていると、報酬を受け取るときに所得税を源泉徴収されることがあります。独立してまだ間もない場合など、取引に慣れていないと源泉徴収の仕組みがよくわからないのではないでしょうか。

個人事業主であれば必ず源泉徴収されるわけではなく、源泉徴収されるケースとされないケースがあります。取引先とのお金のやり取りや納税額に関わってくるので、事業を行うのであれば、源泉徴収について理解しておくことが大切です。

今回は、源泉徴収の基礎知識や計算方法、請求書の書き方、確定申告などについて詳しく解説します。

源泉徴収とは

源泉徴収とは


源泉徴収とは、個人事業主に報酬を支払う際に所得税を徴収し、その個人事業主(納税者)の代わりに納付する制度のことです。源泉徴収された所得税のことを「源泉所得税」といいます。

会社員の場合は、会社が給与支払いの際に所得税を天引きし、社員の代わりに納税してくれます。そして、年末調整で年間の所得税が確定し、納めすぎた所得税があれば給与を通して還付されます。

一方、個人事業主の場合は、会社や個人が一定の報酬を支払う都度、支払金額に応じて所得税を差し引く仕組みになっています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.