くらし情報『海外銀行口座を開設するメリットとは?口座の作り方・注意点をFPが解説!』

2020年9月26日 14:00

海外銀行口座を開設するメリットとは?口座の作り方・注意点をFPが解説!

目次

・海外銀行口座とは
・海外銀行口座を開設する目的・メリット
・非居住者の外国人が海外銀行口座を開設するのは難しい
・海外銀行口座の作り方
・海外銀行口座を利用する際の注意点
・海外銀行口座を開設するメリットに関するまとめ
海外銀行口座を開設するメリットとは?口座の作り方・注意点をFPが解説!


https://manetasu.jp

海外銀行口座といってもなじみのない方がほとんどではないでしょうか。富裕層の人々が資産を預ける「お金持ちが持つ口座」というイメージや、漫画「ゴルゴ13」に登場する「スイス銀行」のような怪しいイメージを持たれている人もいるかもしれません。

スイスの銀行は機密性・匿名性が高いことは事実ですが、犯罪に関わるようなお金を扱うことはありません(「スイス銀行」という銀行は実在しません)。

そもそも海外銀行口座とはどのような口座なのか、口座を開設するメリットはあるのか。口座の作り方や注意点とあわせて解説します。

海外銀行口座とは

海外銀行口座とは


海外銀行口座とは、海外に本店を置く銀行の口座の総称です。一般的に「普通預金口座(Saving Account)」、または「当座預金口座(Checking Account)」が多く利用されています。

当座預金口座は利息がつかず、日本では主に「普通預金口座」が利用されていますが、小切手による支払いが多い欧米などでは、「当座預金口座」が生活口座として広く利用されています。

単独名義口座と共同名義口座
日本では、銀行口座といえば個人ごとに単独の名義で作るものですが、夫婦や親子などがひとつの口座を共同で利用する慣習のある欧米などでは、「共同名義」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.