くらし情報『クレジットカードをお得に使える適正枚数は?複数持ちのメリット・デメリットを解説!』

2020年9月28日 14:00

クレジットカードをお得に使える適正枚数は?複数持ちのメリット・デメリットを解説!

目次

・クレジットカードの平均保有枚数はどれくらい?
・クレジットカードの適正枚数は何枚?
・クレジットカード複数持ちのメリット
・悪影響となることもある?複数持ちのデメリット
・複数保有するときの注意点
・クレジットカードの適正枚数に関するまとめ
クレジットカードをお得に使える適正枚数は?複数持ちのメリット・デメリットを解説!


https://manetasu.jp

クレジットカードは1人で複数枚保有することが可能です。しかし、何枚が適性枚数なのでしょうか?この記事では適性枚数にまつわる内容を紹介した上で、複数持ちのメリット・デメリットを解説いたします。ぜひ参考にして下さい。

クレジットカードの平均保有枚数はどれくらい?

クレジットカードの平均保有枚数はどれくらい?


クレジットカードを複数枚保有している人は珍しくありません。財布のカード入れのところに、何枚ものカードを挿している人をよく見かけます。では、一体どれくらいのカードを保有している人が多いのでしょうか?

まずは平均保有枚数にまつわる情報として、以下内容を紹介いたします。

  • 平均保有枚数は1~3枚以下が半数超え
  • 保有しているカード発行会社はJCBが最多
  • 1カ月の利用頻度は週に1回程度が最多
平均保有枚数は1~3枚以下が半数超え
価格比較サイトである「価格.com」のリサーチによると、クレジットカードの保有枚数は平均3.4枚となっています。1枚保有は16.5%、2枚保有は19.6%、3枚保有は18.8%で、1枚~3枚で54.9%と半数以上を占めています。

全体の傾向としては20代が1枚保有が多く、5枚以上は50代が多いです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.