くらし情報『iDeCo(イデコ)は途中解約できる?解約するための条件・手続き方法をFPが解説』

2021年1月18日 14:00

iDeCo(イデコ)は途中解約できる?解約するための条件・手続き方法をFPが解説

目次

・iDeCo(イデコ)を解約するための条件は?
・iDeCo(イデコ)の掛金が支払えない場合の手続きは?
・iDeCo(イデコ)を解約したいと思ったら
iDeCo(イデコ)は途中解約できる?解約するための条件・手続き方法をFPが解説


https://manetasu.jp

老後資金の準備を行うための制度・iDeCoでの資産形成は、原則途中でやめることができません。これまで積み立てたお金を一時金として引き出したい場合、例外的に認められることもありますが、その条件は厳しいものとなっています。

ただ、家計状況の変化に合わせて、毎月の掛金を減らしたり入金を停止したりすることは可能です。iDeCoの解約や掛金の見直しをする際のポイントについてご紹介します。

iDeCo(イデコ)を解約するための条件は?

iDeCo(イデコ)を解約するための条件は?


iDeCoは60歳以降、受給年齢になるまではお金を引き出すことができません。老後資金を準備するために税制優遇措置が取られている制度であるため、自由に引き出しができない仕組みになっています。

ただ、加入者に万が一のことがあった場合や一部条件に当てはまる場合のみ、一時金としてこれまで積み立ててきたお金を受け取ることができます。

やむを得ない場合のみ解約できる
iDeCoを解約し、積み立てていたお金を受け取るための条件は次の通りです。

加入者の状態
受給できるお金
受給できる人

亡くなった
死亡一時金
遺族

高度障害者になった
障害一時金または障害年金
加入者

一定条件を満たした
(※条件は後述)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.