くらし情報『退職したら確定申告が必要?申告すべきケース・申告方法をFPが解説!』

2021年1月25日 14:00

退職したら確定申告が必要?申告すべきケース・申告方法をFPが解説!

目次

・年の途中で退職したら確定申告が必要になる?
・退職したら扶養はどうなる?
・退職後の還付申告(確定申告)の方法
・退職後の確定申告に関するまとめ
退職したら確定申告が必要?申告すべきケース・申告方法をFPが解説!


https://manetasu.jp

サラリーマンが年の途中で退職したときにいちばん困るのが、「年末調整をどうするのか?」ではないでしょうか。在職中は会社がやってくれますが、退職したらすべて自分でしなければなりません。そこで本記事では、サラリーマンが中途退職した年にするべきことをご説明します。

面倒だからと放置すると、税制面で大きな損をしてしまう可能性があります。ぜひご自分の状況に照らし合わせてご覧ください。

年の途中で退職したら確定申告が必要になる?

年の途中で退職したら確定申告が必要になる?


年末近くになると、『給与所得者の扶養控除等(異動)申告書』『給与所得者の保険料控除及び配偶者特別控除の申告』『生命保険料控除証明書』を会社に提出したことを覚えているでしょうか?それらの書類を元に会社は年末調整を行います。

しかし当然ながら、退職すると元の会社では年末調整をやってもらえません。そこで、確定申告または還付申告をして還付金を受けるのですが、状況によっては申告が必要ではない場合もあります。

そもそも年末調整とは?
年末調整とは、簡単にいうと会社が本人の代わりに行ってくれる確定申告です。サラリーマンの所得税は、会社が毎月の給料から源泉徴収という形で納付しています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.