“次世代エース”NMB48太田夢莉に「本音」を聞いてみた<モデルプレスインタビュー>

2017年4月22日 03:44
 

NMB48太田夢莉/モデルプレス=4月22日】NMB48が22日、沖縄で開催中のイベント「島ぜんぶでおーきな祭第9回沖縄国際映画祭」(20日~23日)のステージに出演。メンバーの山本彩から次世代エースとして期待を寄せられている太田夢莉(おおた・ゆうり/17)に、モデルプレスは本音を聞いてみた。

関連リンク

・土屋太鳳、GACKT、人気芸人に9万人熱狂! 沖縄国際映画祭レッドカーペット【写真51枚】
・第9回沖縄映画祭、西川きよし“三点倒立”で閉幕 来年第10回の開催発表
・“大野拓朗withにゃんこ”がとても癒し系 沖縄国際映画祭で初の試み

太田夢莉(C)モデルプレス


太田はこの日、モデルプレスが5日に配信した山本のインタビュー記事に関して「読みました!」と話し、自身が山本に期待を寄せられていることを把握していた。

山本はその際のインタビューで太田について以下のように語っている。

「夢莉みたいにグループのことをしっかり考えながら自覚持ってるメンバーも大切。夢莉を見てると向上心があるくせに、変になんか自分を客観視してるから、センターを与えられても『自分は今はそんなセンターなんてやる立場じゃないです』って生意気だったりするんですよ(笑)。でも頑固さっていうのも真ん中に立つ人間には必要な部分かなとは思う」

太田夢莉を直撃

―山本さんに期待されていますね!

太田:先輩メンバーの方からそう言っていただけるのは本当に嬉しいです。でも自分には全然自覚がなくて…しっかりもしていないです。

先輩になってきて、後輩メンバーも私を頼ってくれるようになってきたのでそれに応えられるようになりたい。一期生さんがしてきたことを私も後輩にできるようにと思っています!

―頼もしいですね。その意気込みでセンターはいかがですか?

太田:わたしはまだちょっとセンターは…責任重大です。

―(さや姉が言ってた通りだった…)でもさっきもステージでセンターやってましたよね?

太田:そうなんですけど…やっぱり代表として出るとなると心配です…。語彙力もないですし、顔面のアップに耐えられない…。

―?!

太田:本当に恐ろしくて。ステージに立つのは大好きなんですけどテレビとなると、一歩引いちゃいます。

―表題曲でセンターをやりたいという気持ちは?

太田:やっぱり人生で一度はと…。任せていただいたならやりきりたいとは思います!

―どんな歌でセンターやってみたいですか?
太田:最近のNMB48は「Must be now」、「僕以外の誰か」とかかっこいい曲が多かったんですけど、王道なアイドルソングがいいですね。「ナギイチ」みたいな明るくてわいわいできる曲がいいなって思います!

―太田さんがソロで渡辺美優紀さんの「やさしくするよりキスをして」を披露していたことがすごく印象的でした。ソロでの活動はどうですか?

太田:ソロは結構好きです。好きなんですけどやっぱり需要が…。

―需要は有ると思います…!

太田:ありがとうございます(笑)これからライブとかでどんどん任せていただいたら嬉しいなと思います!

―最後に、太田さんが思う夢を叶えるための秘訣を教えてください。

太田:一時的な感情に流されないということや冷静するということを大事にしています。

芸能活動やアイドルをしていて、いろいろ思うことがありますが、でもやっぱりほんの少し我慢をすることが夢をかなえる秘訣かなと思います。

―素晴らしい秘訣をありがとうございました!

(modelpress編集部)

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
現在の賛同数:
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.