鈴木亮平「一人泣きそうになっている」 座長の“スマイル”を一同絶賛<西郷どん>

2018年2月14日 14:30
 

鈴木亮平/モデルプレス=2月14日】俳優の鈴木亮平が14日、東京・渋谷のNHKで行われた2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(毎週日曜よる8時~)の新キャスト発表会見に出席。共演者たちより人柄を賞賛された。

関連リンク

・高橋光臣に第1子男児誕生「ここからまた一歩ずつ確実に前へ」
・橋本愛 『西郷どん』で吉之助の妻・須賀役に反響「これが女優ってことなんだ…」
・鈴木亮平、父親から聞いた衝撃の事実「不思議な縁を感じました」

鈴木亮平(C)モデルプレス


この日、新たに出演が発表され、会見に出席したのは、松田翔太風間俊介泉ピン子、里アンナ、秋山菜津子斎藤嘉樹石橋蓮司内田有紀町田啓太玉山鉄二の10名。

そんな鈴木は、共演者からの信頼も厚く、この日の登壇者も鈴木のスマイルをそろって絶賛。「とくかく優しくてみんなに気を使ってくれます」(松田)、「すごいいいスマイルをもらった」(斎藤)、「お会いするとほっとする」(里)と、共演者は鈴木の印象を語った。

大河ドラマ初出演となる風間は「日々初めての大河がこの『西郷どん』でよかった、と思いながら撮影をさせていただいています」と噛み締め、「特に鈴木亮平くんが作る空気が、器が大きくてのびのびとやらせていただいていて『ああ、これが日本を変えていく力になっていくんだな』と本当に亮平くんを見ているのか西郷さんを見ているのかわからないようなそんな風に幸せに思っている毎日です」と報告。

同じく、大河ドラマ初出演となる町田も「ここに立たせていただいた瞬間に亮平さんから素敵なスマイルをいただいて(笑)、『安心して良いんだぞ』と言っていただいたようなので、思いっきり楽しませていただきたい」とリラックスした様子で、内田は「鈴木さんが本当に素敵なスマイルを見せてくださり、優しく包んでくれる感じがすごく伝わるのでがんばりたいと思います」と気合いを入れた。

新たな出演者を迎えた鈴木は「最近、衣装に身を包んでいるときもそうでないときも、自分が鈴木亮平なのか、西郷吉之助なのか、ふとわからなくなるときがあります。今日もみなさんのお顔を見ているとみなさんがその役に見えてきて、感無量で一人泣きそうになっている自分がいて、これが大河ドラマなのかとすごさを噛み締めています」と感慨深げ。今後は西郷吉之助から西郷隆盛へと変わっていく姿が見どころだそうで「楽しみに待っていていただければ思います」と期待を込めた。

大河ドラマ「西郷どん」

同作は、林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当。

1月から放送開始し、現在第6回まで放送済み、18日に第7回が放送される(全50回)。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.