くらし情報『ロンブー田村淳「解散を考えた」過去を告白 その後の変化も明かす』

ロンブー田村淳「解散を考えた」過去を告白 その後の変化も明かす

2018年3月29日 16:05
 

田村淳/モデルプレス=3月29日】ロンドンブーツ1号2号田村淳が29日、都内で行われたイベントにガリットチュウ福島善成と登壇した。

関連リンク

・【猫写真4コママンガ】「ゆかいな動物仲間たち」パンチョとガバチョ #88
・保田圭、息子の体重増えず悩む「できるだけのことをやっているけど」
・安田美沙子、36歳の誕生日に家族で食事へ「パパありがと!」

田村淳(C)モデルプレス


30周年イベントに登壇した田村は、「コンビを組んで24年なんですが、いかに30年続けていくことが大変だということがよくわかっています」と打ち明けると、相方の田村亮とは「解散を考えたこともあります」と振り返った。しかし「その悩みを乗り越えてからの方が絆が深くなった」そうで、「今となっては欠かせないパートナーになっています」としみじみと語った。

田村淳、妻や母親へ感謝

奥さんや母親への感謝も表す田村。「奥さんには、好き勝手に仕事をさせてもらっている中で子供が生まれて、子育ては自分もできる範囲でやっているけど、毎日やっている奥さんは偉大ですし、いつも苦労をかけて申し訳ないという気持ちがある」と吐露。そして、「いつもありがとう」と思ってはいるものの「一緒に生活をしていたら、なかなか言う機会がない」と話し、「プレゼントを渡す時に自然に(感謝の言葉が)出てくればいいですね」と期待をこめた。

母親に対しては「母の日に感謝の言葉や『体に気を付けてね』くらいのLINEは送りますけど、プレゼントはあまり送ったことがない」そうで、「この歳になっても心配ばかりかけてごめん!身体を大切に長生きしてね」という母へのメッセージを記した巨大パネルが登場すると、自分の気持ちが公開されて「くそ恥ずかしいですね」と苦笑い。一方で、「相方にも奥さんにもそうですけど、うちの母ちゃんもまさか芸能界に入るとも思ってなかっただろうし、芸能界に入ってもいろんなもめ事を起こして、去年は受験を急に始めて、本当に心が休まらないと思う」と思いやると、「旅にでも行って心の疲れを取ってほしい」と旅のプレゼントをすることを約束した。

この日は、ダレノガレ明美にふんした福島が“ニセノガレ明美”として登場し、イベントを盛り上げた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.