くらし情報『最上もが「毎日泣いた」「体調を崩して動けなかった」でんぱ組.inc脱退時の状況を赤裸々告白』

最上もが「毎日泣いた」「体調を崩して動けなかった」でんぱ組.inc脱退時の状況を赤裸々告白

2018年3月30日 13:05
 

最上もが/モデルプレス=3月30日】昨年8月にでんぱ組.incを脱退した最上もがが、28日発売の雑誌「Numero TOKYO」5月号に登場。グループ脱退を決めた1番の理由と、当時の状況などについて明かした。

関連リンク

・三代目JSB、日本人男性初の「ELLE Japon」表紙抜てき ソロカット版も
・カンニング竹山が明かした"大御所"から可愛がられる理由
・THE RAMPAGEが教える、16人が決めた「3つ」のRAMPAGEルール

最上もが(画像提供:扶桑社)


誌面ではモードな姿に初挑戦し、新たな一面をみせた最上。インタビューでは芸能活動を始めたきっかけや、グループ脱退時の心境と状況、今後について語っている。

最上もがでんぱ組.inc脱退時「精神的にもどんどん不安定になった」

グループ脱退を決めた1番の理由について最上は「親に止められたんです。そんな状態でやってるならもう辞めてほしいって言われて」と告白。当時はメンタルのバランスが崩れ、たくさんの人にも迷惑をかけてしまっていたそうで、「毎日泣きながら(親に)電話したりとか、体調を崩して動けなくなることもしょっちゅうありましたし。食欲もなく何のやる気も起きない。親がご飯を作りに来てくれても、ずっと寝たきり。そんなことが続いて、見ていて痛々しいっていうのがあったんだと思います。眠るために睡眠導入剤が必要だったんですけど、そうすると精神的にもどんどん不安定になってしまって」と、当時の状況を赤裸々に明かした。

グループ脱退したときに芸能界引退も考えたそうだが、「グループを抜けても、絶対に応援し続けるから表の舞台に立ち続けてほしい」というファンの声があり、ソロ活動を決意。脱退後も苦しいことはあったそうだが、「半年たってやっと前を向きだした今って感じなんです」と、前向きに語っている。(modelpress編集部)

情報:扶桑社

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.