くらし情報『岡田結実、初主演ドラマは“衝撃のラストシーン”に?<静おばあちゃんにおまかせ>』

岡田結実、初主演ドラマは“衝撃のラストシーン”に?<静おばあちゃんにおまかせ>

2018年3月30日 14:00
 

【静おばあちゃんにおまかせ/モデルプレス=3月30日】バラエティーの人気者・岡田結実が“初ドラマ”にして“初主演”に挑む2週連続放送の春のミステリーナイト『静おばあちゃんにおまかせ』(テレビ朝日系、3月23日午後11時25分、30日午後11時15分~)。30日、第2話の放送に先駆け“静おばあちゃん”こと高遠寺静を演じた草笛光子からコメントが到着した。

関連リンク

・元エビ中・廣田あいか、「双方合意の上」で事務所退社 - YouTube開設
・ローラ登場!? 等身大フィギュアに会場ざわつく「怖いくらい本物」
・瑛茉ジャスミン、ビキニが透ける大胆衣装がSEXYすぎ<ViVi Night>

草笛光子岡田結実(C)テレビ朝日


岡田結実、初主演ドラマ『静おばあちゃんにおまかせ』

『静おばあちゃんにおまかせ』は、正義感120%ながらまだまだ半人前の法学生・高遠寺円(岡田)と捜査一課刑事・葛城公彦要潤)がバディを組み、元裁判官である円の祖母・静(草笛)の援護を受けながら事件の謎を解いていくミステリードラマ。

原作は、“どんでん返しの帝王”と称されるミステリー作家・中山七里氏の同名小説。疑問を抱いたらどんな相手にも“忖度”なしで突き進んでいく、“猪突猛進ガール”のヒロイン・円を、岡田が熱演。最後の最後まで予想外のストーリーが繰り広げられる痛快ミステリーとなっている。

草笛光子が衝撃のラストシーンを語る

第2話はド派手ファッションの資産家女性が殺害された事件の真相に挑むストーリーだが、その事件とはまた別に、ヒロイン・円と祖母の静が暮らす高遠寺家に秘められた“衝撃の真実”が明かされる。

実は、第1話にもその謎を暗示する場面がちりばめられていたそうで、高遠寺家にはいったいどんな秘密が隠されていたのか…。

“静おばあちゃん”を演じた草笛光子は「明るくてひたむきな岡田結実ちゃんと共演することができて、とても楽しかったですね。専門用語も多く、難しいところもありましたが、誠心誠意、務めさせて頂きました」と撮影を振り返りながら、「エンディングまで作品を楽しんで頂けたらと思います。どうぞご期待下さい」と、“衝撃のラスト”を予告?

殺人事件の謎解きはもちろん、ついに明かされる“高遠寺家の秘密”にも注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.