くらし情報『「花のち晴れ」に前作“花男”キャスト出演』

「花のち晴れ」に前作“花男”キャスト出演

2018年3月31日 08:00
 

【花のち晴れ/モデルプレス=3月31日】TBS系新ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(4月17日スタート、毎週火曜よる10時~)に、前作『花より男子』シリーズのキャストでもある、佐々木すみ江デビット伊東が出演することがわかった。

関連リンク

・中川大志、“花男”新章『花のち晴れ』スタートを報告 海老蔵も「面白いドラマ見っけ」と絶賛
・中川大志、平野紫耀と『花晴れ』1話をリアルタイム鑑賞「ついに始まったなあと実感…」
・宇多田ヒカルの新曲『初恋』- ドラマ「花のち晴れ」に書き下ろしたイメージソング

佐々木すみ江(C)TBS


今作は、日本中に“花男”旋風を巻き起こした『花より男子』のもうひとつの恋の物語。人に言えない“ヒミツ”を抱えた新世代のキャラクター達が巻き起こす痛快青春ラブストーリーだ。

ドラマの舞台となるのは、伝説の4人組、F4が卒業してから10年後の英徳学園。このたび『花より男子』通称“花男”で主人公たちの恋を応援し見守り続けた、道明寺家のメイド頭・タマと秘書・西田が登場することが決定した。“花男”同様、佐々木とデビットが演じる。

佐々木すみ江デビット伊東の役どころ

佐々木が演じるのは、日本三大財閥の一つである道明寺の家に仕えるメイド頭・タマ。“花男”では、『花より男子2(リターンズ)』(2007年)、映画『花より男子ファイナル』(2008年)に出演。主人公の牧野つくしと道明寺司の恋を応援する重要な役どころだったタマだけに、今作でも音(杉咲花)や晴(平野紫耀)にどんな言葉をかけるのか注目だ。

デビットは、道明寺財閥の秘書・西田を演じる。デビットは『花より男子』(2005年)、『花より男子2(リターンズ)』、映画『花より男子ファイナル』とシリーズ全作品に出演。新たな恋の物語となる“花晴れ”でも存在感を発揮することが期待される。

“花男”でおなじみのキャラクター達が“花晴れ”の世界で生き生きと活躍するのが原作の魅力のひとつだが、ドラマ版ではそれらのエピソードがどんな形で取り入れられていくのか、今後の展開にも注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.