くらし情報『キャメロン・ディアス、引退を自ら明言と報道』

キャメロン・ディアス、引退を自ら明言と報道

2018年3月30日 19:36
 

キャメロン・ディアス/モデルプレス=3月30日】米女優のキャメロン・ディアスが、女優業引退を自ら明言。30日、米メディアが報じた。

関連リンク

・【3年C組】第3週、合格者インタビュー 中本大賀&西村瑠香
・浅尾美和「テレビMC初挑戦」アンチも取り込んだ魅力とは
・乃木坂46卒業の生駒里奈、B.L.T.でラストグラビア 卒業に至る心境を語る超ロングインタビューも

キャメロン・ディアス/photo:GettyImages


キャメロン・ディアス、引退は本当だった?本人が明言

キャメロンは今月12日に一度引退が報じられるも、彼女の引退を米メディアに語ったという友人で米女優のセルマ・ブレアがTwitterにて「ジョークを言っていた」と報道を否定。セルマは「キャメロン・ディアスは何からも引退していません」としていた。

しかしキャメロンは米メディアのインタビューに応じた際「もうすっかり落ち着いてる。今は文字通り何もしていないの」と近況を報告。ともにインタビューを受けていた米女優のクリスティーナ・アップルゲイトが「私も何もしていない。私もセミリタイアしてるのよ」と語ると、キャメロンも「私もセミリタイアしたわ。そして私は実際に引退してるの」と話したという。

キャメロンは2014年の映画「ANNIE(アニー)」を最後に何の映画にも出演しておらず、報道では同作が彼女の引退作となったとしている。

キャメロン・ディアス、ティーンモデルから大女優に

キャメロンはカリフォルニア州サンディエゴに生まれ、17歳でモデルデビュー。映画『マスク』(1994年)のヒロイン役で映画デビューを果たし、1998年公開の『メリーに首ったけ』が大ヒットを記録した。

『チャーリーズ・エンジェル』シリーズや『クリスティーナの好きなコト』(2002年)、『イン・ハー・シューズ』(2005年)、『ホリデイ』(2006年)など多くのヒット作で主演・ヒロインを務め、世界的にその名を知られるようなった。

2015年、米ミュージシャンのベンジー・マッデンと結婚した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.