くらし情報『「『ぷっ』すま」19年半の歴史に幕 草なぎ&ユースケ最後のメッセージに反響 』

「『ぷっ』すま」19年半の歴史に幕 草なぎ&ユースケ最後のメッセージに反響 

2018年3月31日 10:17
 

【『ぷっ』すま/モデルプレス=3月31日】草なぎ剛ユースケ・サンタマリアによるテレビ朝日系バラエティ番組「『ぷっ』すま」が、30日の放送回をもって1998年10月から続いた19年半の歴史に幕を下ろした。

関連リンク

・河北麻友子、ほっそりウエスト披露 圧巻オーラで沸かす<ViVi Night>
・玉城ティナの"絶対領域"がセクシー ミニワンピでランウェイ
・英キャサリン妃、第3子の男の子を出産

ユースケ・サンタマリア草なぎ剛(C)モデルプレス


◆「『ぷっ』すま」19年半の歴史に幕

この日は、最終回なのに草なぎ発案の新企画「犬部」が始動するという展開。草なぎの愛犬・くるみちゃんも番組初登場し、犬好きタレントたちと愛犬自慢を繰り広げた。

エンディングでは、9日深夜の放送で「『ぷっ』すまにエンディングはないんだよ!!」とセットを破壊して番組愛をぶちまけた江頭2:50が再び登場。「3月で『めちゃイケ』も『「ぷっ」すま』も『みなさん』も終わって、テレビに出ない人になるじゃないですか!」と自身の危機を訴え、「いままでは『1クールのレギュラーより1回の伝説』だったけど、今は『1回の伝説より1クールのレギュラー』ですから」とキャラ変を宣言すると、草なぎから「つまらない男になったな~」とツッコまれてしまうことに。

草なぎは改めて約20年の歴史を振り返り「本当に楽しかったですよ。20年ですからね、みなさんと出会えて。僕の人生に寄り添ってきた番組なので一言では言えない」としみじみ。江頭については「うれしかった」と話し、ユースケも「俺たちの声を代弁してくれたから俺たちは冷静でいられた」と感謝を伝えながら、草なぎは「『ぷっ』すまは終わるけど、なぎスケにエンディングはない」と江頭の“名言”を丸パクり。さらに「なぎスケにはエンディングはない!江頭はエンド!」とバッサリ切り捨てると江頭はいつものキャラに戻って再びセットを破壊する大暴れを見せていた。

ラストにはユースケが「また何かやるかもしれないですね。20年近くも番組をやれたってだけで、ただただ感謝」とあいさつし、草なぎも「応援してくれる視聴者、ファンの方に心から感謝しています。また近々ね」。最後は「また近々、お会いしましょう」と呼びかけ、20年の幕を閉じた。

ネット上では「最後までゆるくて楽しいぷっすまだった」「エガちゃんとナギスケのからみがなくなってしまうのもさみしい」「近々会いましょう、が嬉しかった。ずっと待ってます!」「20年近くお疲れ様でした!ずっと大好きな番組」「また会える日まで待ちますーなぎすけにエンディングはない!」と最後のメッセージに反響が寄せられた。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.