くらし情報『登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、バブリー封印で“コント演技” 女優として「認めてもらえるように」』

登美丘高校ダンス部元キャプテン伊原六花、バブリー封印で“コント演技” 女優として「認めてもらえるように」

2018年4月2日 16:20
 

伊原六花/モデルプレス=4月2日】昨年の日本高校ダンス部選手権大会で荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」に合わせて“バブリーダンス”を披露し準優勝した大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンで、今年芸能界デビューした女優の伊原六花(いはら・りっか)が2日、都内で行われたイベントにお笑いコンビ・レインボーらとともに出席した。

関連リンク

・『ブラックパンサー』続編が製作へ?
・バスケ田臥勇太、竹内由恵アナを「激ヤセ」に追い込んだ決断力のなさ
・あなたなら…?『ザ・スクエア』が訴える「見て見ぬふり」の残酷な心理

伊原六花(C)モデルプレス


伊原六花、コント風演技を披露

伊原のスーツ姿に、池田直人は「バブリーな姿から一変しておキレイ。街もこれで歩いて欲しい」と褒めちぎり、実方孝生は「フレッシュなスーツの伊原さんも…キレイだ」と『ぐるナイおもしろ荘』で披露し優勝した“ドラマチックコント”風に絶賛。すると伊原も「キレイじゃないよ…」と乗っかり、「キレイだ」「キレイじゃないよ」を往復。最後は実方の「……キレイだ!」でしっかり笑いをとり、伊原は照れ笑いをのぞかせた。

美しすぎる女装姿も話題を集めている池田は、「やっぱりキレがある」とダンス部仕込みの伊原の“コント風演技”を称賛。舞台裏では実方と伊原が4度練習を重ねたそうで、池田は「実方も気合が入っていた」と明かした。

伊原六花、女優業に決意「認めてもらえるようにがんばります」

春からの抱負を聞かれた伊原は、フリップボードに「ドラマ」と書いて披露。土屋太鳳が主演をつとめるTBS系7月期の金曜ドラマ『チア☆ダン』への出演が決まっているが、「まずはそこからしっかり頑張って次につなげていきたい」と気合十分で、「バブリーダンスで知っていただけたことが私の中では嬉しいこと。そのお陰でいろいろなことができる環境にいさせてもらっているので、そのまま伊原六花としても認めてもらえるようにがんばります」と女優としての飛躍を誓った。(modelpress編集部)

伊原六花(いはら・りっか)プロフィール

生年月日:1999年6月2日
出身:大阪府

大阪府立登美丘高等学校ダンス部の元キャプテン。Youtubeに投稿した「バブリーダンス」の動画がこれまでに5,000万回近く再生されるなど社会現象とも言えるブームを巻き起こす。2018年に芸能デビューを果たし、今年度の活躍に大きな注目が集まる若手女優。【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.