くらし情報『“新婚”おばたのお兄さん、小栗旬からの男前な祝福明かす』

“新婚”おばたのお兄さん、小栗旬からの男前な祝福明かす

2018年4月5日 23:48
 

【おばたのお兄さん/モデルプレス=4月5日】先月29日にフジテレビの山崎夕貴アナウンサーと結婚したお笑いタレントのおばたのお兄さんが5日、都内で行われた「よしもとモノマネアワー配信決定」発表会見に、あべこうじ椿鬼奴らと出席。自身がネタでモノマネをしている俳優・小栗旬から祝福を受けたことを明かした。

関連リンク

・ひょっこりはん、須藤凛々花の後ろから"ひょっこり"「指輪を見ていました」
・「スター・ウォーズ」シリーズ初の黒人女性監督誕生へ
・エゴサーチ覚えたビートたけし“愛人過去”記事見つけ一触即発

おばたのお兄さん (C)モデルプレス


◆おばたのお兄さん、山崎アナとの新婚生活にノロケ

おばたのお兄さんは、会見開始早々にMCのあべから「小栗旬さんご結婚おめでとうございます。お互いに何て呼び合ってるの?」と声を掛けられると、「僕は“たんちゃん”と呼んでいて、あっちは“たんたん”って呼んでるんです」と打ち明け、「夕貴ちゃんから夕貴たんになってたんちゃんに、おばたんからたんたんですね」と説明。さらに幸せか聞かれると「幸せですね。毎日一緒なので幸せです。でももうこの時間(21時半)は寝てますよ。3時に起きなきゃですから。月から金まで」と語った。

また、あべから「さっきも裏で(山崎アナと)電話してましたよ」と明かされたおばたのお兄さんは「すぐ電話がかかってくるんです。『何してるの?』って」と認め、浮気を心配されているのではと追及されると「いやっ、なんか声が聞きたいみたいですね」とのろけて、周りからツッコミを浴びた。結婚生活で嬉しかったエピソードを聞かれると「昨日の夜、妻が朝早かったので、僕がトマトナスパスタを作ってあげたら『お店で食べるより美味しい』って言ってくれたのは嬉しいですね」と笑顔を見せた。

◆おばたのお兄さん、小栗旬から「大切にしてやれよ」

さらに、報道陣から小栗からお祝いのコメントをもらったか尋ねられると、「吉本から(結婚する)情報が(発表前に)漏れまして、その前に伝えたい人がいっぱいいたんですよ。『記事に出ます』って言われた瞬間にいろんな人に連絡をして、その1人に小栗さんももちろんいて、そうしたら『大切にしてやれよ』っていう風に返信をいただきました」と小栗からの男前な祝福を受けたことを告白したが、質問をした報道陣は小栗のモノマネでの返しを期待していたようで、その意図をくみ取れなかったことに気付いたおばたのお兄さんは「僕カンカンですから。(吉本に対して)怒りがこみ上げてしまって…」と言い訳をした。

◆山崎アナ、おばたのお兄さんの“給料”に涙

また、山崎アナとの“格差婚”と言われているが、光熱費などは折半しているのか聞かれると「今2人で住んでいますし、彼女も働いているということで、家賃は僕のほうがちょっと多く払っています。ご飯代も極力、僕のほうが多く出しています」といい、お金が足りているか心配されると「足りてます(笑)」とニッコリ。山崎アナは「給料明細を見て『頑張ってるね』って言ってくれます。月によっては彼女の給料を超えるときがあるので。初めて超えたときに『未来が見える』って言って泣いて喜んでくれて、それで結婚に行きました」とエピソードを明かした。

さらに、子どもは何人ほしいか聞かれると「理想は3人くらいですね。僕は4人兄弟で、兄弟が多くていいことばっかりだなって思ったので、育てるのは大変でしょうけど、3人くらいはほしいですね」と目を輝かせた。

イベントにはほか、大山英雄ガリットチュウ福島、プラス・マイナス(兼光タカシ、岩崎良昌)、かりすま~ず(あみ、ミッキーボード)、チョコレートプラネット松尾駿長田庄平)、ビスケッティ佐竹が出席。吉本興業は新たにYouTubeチャンネル『よしもとモノマネアワー』を開設し、4月5日より配信を開始。吉本所属のモノマネを芸風とした芸人にスポットを当てたチャンネルとなっていて、第1弾では17本のモノマネ動画をアップ。福山雅治のモノマネでお馴染みの大山、似ているかは定かではないダイノジ大地による近藤真彦のモノマネや、かりすま~ずによる矢沢永吉浜崎あゆみ安倍晋三首相のモノマネで話題のビスケッティ佐竹などチャンネル内でモノマネ動画を公開。今後は毎週金曜日18時に更新される予定となっている。

あべから「いつまでも小栗旬のモノマネをやってられないでしょ」と突っ込まれたおばたのお兄さんは、新ネタとして“『筋肉番付』で周りに「ちょっとズルくない?」って思われる池谷直樹の腕立て伏せ”を披露して会場を沸かせ、「こういう体を使う系のネタを増やして嫁を安心させたいですね」と意気込み、「僕はこのモノマネチャンネルでやりたいのは、次のステップに行けるように、皆さんが試験的なものをどんどんやって、いいねが増えて行ったらやろうって思えるので」と期待を寄せた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.