くらし情報『千葉雄大、阿部サダヲ×吉岡里帆の映画「音量を上げろタコ!」出演決定 追加キャストを発表』

千葉雄大、阿部サダヲ×吉岡里帆の映画「音量を上げろタコ!」出演決定 追加キャストを発表

2018年4月12日 12:00
 

【音量を上げろタコ!/モデルプレス=4月12日】主演を阿部サダヲ、ヒロインを吉岡里帆が演じる映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」(10月12日公開)に、俳優の千葉雄大ら追加キャストが発表された。

関連リンク

・キンタロー。、夜中に夫から誘惑されるも拒否「危ない危ない」
・速水もこみち、レシピ数もプロ級に「1700品超えています」
・櫻井孝宏『モネ』展の音声ガイドは「語り掛けるように」

(上段左から)千葉雄大麻生久美子小峠英二バイきんぐ)、片山友希(中段左から)中村優子池津祥子森下能幸岩松了(下段左から)ふせえり田中哲司松尾スズキ(C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会


◆映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」

驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は、「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?『時効警察』シリーズや『俺俺』『インスタント沼』『転々』など誰にも真似できない独自のコメディセンスを持つ三木聡監督が放つハイテンション・ロック・コメディとなっている。

千葉雄大、出演決定で「真剣に遊ぶ現場でした」

ロックスター・シンのマネージャー坂口を演じるのは千葉。「グチャグチャドロドロになって振り回される役回りでもあるのですが、全てが超興奮でした。尊敬する阿部サダヲ先輩とまたご一緒できたのも嬉しかったです。真剣に遊ぶ現場でした」とコメントした。

ふせえり田中哲司ら追加出演者を発表

ふうかの親戚・デビルおばさん役のふせえりからは「生きてると、色々、やな事、面倒くさい事があるけど、この映画を見て、『まぁいいや、いいし。』と思って頂けたら、何よりです」と、シンの所属事務所社長を演じる田中哲司は「脚本を読んだ段階で、既に傑作の予感がしました」と語り、ザッパおじさん役の松尾スズキは「三木さんにはドキドキさせられっぱなしです」と何度もタッグを組んでいる三木組の現場を振り返る。

また、謎めいた女医を演じる麻生久美子三木聡監督作品に多数出演している。麻生は「久々に三木さんの台詞を言葉に出来て、本当に感無量」とコメント。さらにお笑いコンビ・バイきんぐのツッコミ・小峠英二がロックバンドのボーカル・自滅役を演じるほか、片山友希中村優子池津祥子が出演。三木監督作常連の森下能幸はよろこびソバのおじさん役、岩松了は無料レコード社長役と、どのような役柄なのか期待が高まる。

千葉雄大コメント

三木監督の世界に入れることを本当に幸せに思いながら日々撮影しておりました。僕が演じる坂口はグチャグチャドロドロになって振り回される役回りでもあるのですが、全てが超興奮でした。音楽も最高にかっこよく、そして、尊敬する阿部サダヲ先輩とまたご一緒できたのも嬉しかったです。真剣に遊ぶ現場でした。みなさまにも早くこの世界にまざっていただきたいです。

麻生久美子コメント

久々に三木さんの台詞を言葉に出来て、本当に感無量でした!見た目はパンチが効いてますが(笑)、一生懸命マジメに演じましたので、楽しんでいただけたらと思います。

ふせえりコメント

生きてると、色々、やな事、面倒くさい事があるけど、この映画を見て、「まぁいいや、いいし。」と思って頂けたら、何よりです。

田中哲司コメント

久しぶりの三木監督、楽しかったです。しかも、今回はリハーサルも何回かやらせて頂き、今までやった事ないような役にトライさせてもらって、三木組を堪能しました。そして今回、脚本を読んだ段階で、既に傑作の予感がしました。

松尾スズキコメント

三木さんの映画には主役でデビューさせていただきました。次に出たときは準主役、それからテレビで脇役、次に映画に出させていただいたときは、ワンカットのみ。となれば次は、声の出演だけ、くらいを覚悟していましたが、今回脇役に戻していただきました。三木さんにはドキドキさせられっぱなしです。

■ストーリー

何かと息がつまる現代社会に“歌”と“LOVE”で猛烈なエネルギーを注入するハイテンション・ロック・コメディ!!驚異の歌声を持つロックスター・シン(阿部サダヲ)。その存在自体がロックであり、カリスマ的人気を誇っているが、実は彼には秘密があった。彼の歌声は「声帯ドーピング」というオキテ破りの方法によって作られたものだったのだ。長年にわたる声帯ドーピングの副作用で、限界が近づく喉に焦りと恐怖を抱える彼が出会ったのは、異様に声の小さなストリートミュージシャン・ふうか(吉岡里帆)だった。2つの歌声が出会ったとき、ぶっちぎりのミラクルが起きる!?

(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.