くらし情報『三浦春馬「世にも奇妙な物語」7年ぶりの主演 佐久間由衣と恋人役に』

三浦春馬「世にも奇妙な物語」7年ぶりの主演 佐久間由衣と恋人役に

2018年4月13日 05:00
 

三浦春馬佐久間由衣/モデルプレス=4月13日】5月12日に『世にも奇妙な物語 ’18春の特別編』(よる9時/フジテレビ系)が放送されることが発表された。合わせて、第1弾出演者としてSF作品「明日へのワープ」に三浦春馬が主演することも明らかになった。

関連リンク

・ケンタッキー“第三のチキン”はアジア圏売上No.1 気になる味わいを実食
・シュワちゃんイケメン息子が来日 次の作品で「I’ll be back」約束
・榮倉奈々が20代で体験した「デンジャラスな旅」とは?

三浦春馬佐久間由衣(C)フジテレビ


三浦が『世にも奇妙な物語』で主演を務めるのは、2011年秋に放送されたエピソード「JANKEN」以来7年ぶり。2回目の主演作のオファーは「純粋にうれしかった」といい、前作と同様に植田監督が手がける作品であることから「僕自身、成長した何かを現場に置いていければ良いなと思いながらやらせていただきました」と振り返った。

また、今作では恋人役で佐久間由衣も登場。三浦との初共演について聞かれると「優しくて面白い方だったので、現場の雰囲気も和やかで、お芝居のやりやすい環境を作っていただきました」と明かした。

三浦春馬主演「明日へのワープ」ストーリー

謎の薬の奇跡に人生をかけた1人の青年の“タイムワープ的体験”を描いた同作。映画監督を夢見る青年・小林峰雄(三浦)は、アルバイトをしながら自主制作映画を作り続けて早10年、全く芽が出ないまま。同級生たちが皆まともな職に就き、家族を作り、大人になっていく中、惨めな思いをすること必至の友人の結婚式に招待されてしまう。

かつて一緒に夢見ていた女優志望の恋人・須藤由紀(佐久間)からも愛想を尽かされそうな状況で、焦燥が憔悴となり、追い込まれていく峰雄。眠れぬ日々が続くある日、心療内科で精神科医・宇堂公康(相島一之)から、1錠服用した途端24時間分の記憶が完全に無くなり、まるで24時間後の未来にワープしたかのような感覚になれる薬“アイリウム”を処方される。

嫌な思いをする出来事の前に飲んでおけば、その事を体験しなかったかのように記憶から消し去ることができてしまう“アイリウム”。記憶を薬でコントロールできるようになった時、果たしてその人生は思い通りになっていくのか。

三浦春馬が語る注目シーン

2人は、今作を「勝負しなければいけない瞬間というのは人それぞれ絶対にあると思うので、そういうことの大切や尊さに気付いてもらえるような作品」(三浦)、「『世にも奇妙な物語』らしいファンタジーな要素もありつつ、いろいろ考えさせられることもあるドラマ」(佐久間)と紹介。三浦は、特に注目して欲しいシーンを「“アイリウム”という薬による“世にも奇妙な世界”を経験した後の恋人とのシーンで、自分のパートナーを見た時、“あぁ本当に存在するんだなぁ”と感極まりました」と語った。

◆「大切なメッセージを届けてくれるはず」

そんな2人の演技に、「会心のお芝居をしていただいた三浦春馬さんと瑞々しい魅力にあふれた佐久間由衣さんのお2人が、どこにでもいる普通のカップルを完璧に演じ切りながら、最後には大切なメッセージを届けてくれるはずです」と信頼を寄せる編成企画・稲葉直人氏。「テレビの前で2人の結末を見届けていただけると幸いです」と呼びかけた。(modelpress編集部)

三浦春馬コメント

Q:2回目の主演となる『世にも奇妙な物語』シリーズについて

三浦:(オファーをいただいて)純粋にうれしかったです。前回の『JANKEN』という作品も植田監督とやったのですが、引き続き植田監督が撮ってくださるということで、僕自身、成長した何かを現場に置いていければ良いなと思いながらやらせていただきました。『世にも奇妙な物語』については、以前、『ネカマな男』という作品で椎名桔平さんのお芝居に衝撃を受けたことがあったので、その裏話を監督に伺ったりできたのもうれしかったです。

Q:今作について

三浦:自分と向き合う時、(現実から)逃げてしまうような弱さって誰もが持ち合わせていると思うのですが、そんなところに僕も共感しました。勝負しなければいけない瞬間というのは人それぞれ絶対にあると思うので、そういうことの大切や尊さに気付いてもらえるような作品にできれば良いなと思いながら、精いっぱい(お芝居を)やらせていただきました。

Q:特に注目してほしいシーンは?

三浦:“アイリウム”という薬による“世にも奇妙な世界”を経験した後の恋人とのシーンで、自分のパートナーを見た時、“あぁ本当に存在するんだなぁ”と感極まりました。“大切な人が明日いなくなるかもしれない”という可能性は0%じゃないわけで、いつだって誠実に人と向き合うこと、その大切さを実感しました。

Q:実際にこのような薬があったら、どうしますか?

三浦:たとえば満員電車でつらい時とか、めちゃくちゃお腹が痛い時は飲んでしまうと思います(笑)。Q:楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

三浦:この作品が“明日の自分から逃げない、もしくは活力をもって挑む”ための源に少しでもなれれば良いなと思うので、ご自身と重ね合わせて見ていたければ、うれしいです。ぜひ楽しみにしていただければと思います。

佐久間由衣コメント

Q:『世にも奇妙な物語』シリーズ初出演について。

佐久間:小さい頃から『世にも奇妙な物語』を見ていたので、お話をいただいた時には、本当にうれしくて、“私が出ていいのかな”ってびっくりしました。歴史ある番組に出演させていただけて光栄です。

Q:今作について。

佐久間:『世にも奇妙な物語』らしいファンタジーな要素もありつつ、いろいろ考えさせられることもあるドラマだと思います。奇妙な不思議な物語を、役としては現実のこととして演じるというのが興味深ったです。また、女優を目指している役でもあったので、劇中映画のシーンでは、ウィッグをつけたりして思いっきり楽しんでやらせていただきました。

Q:三浦さんとの共演について。

佐久間:三浦春馬さんとは初共演だったのですが、三浦さんが優しくて面白い方だったので、現場の雰囲気も和やかで、お芝居のやりやすい環境を作っていただきました。3年以上ずっと一緒にいるカップルという設定で、自分で事前に想像して作っていったという部分もあるのですが、実際、目の前に立たれている三浦さんのたたずまいにすごく助けられて、役に入ることができました。連続ドラマとは違った短編ならでは難しさと楽しさを経験できました。

Q:楽しみにしている視聴者にメッセージをお願いします。

佐久間:主人公が“アイリウム”という薬を手に入れてしまったことで、現実から逃れていくのか、それとも現実と向き合っていくことができるのか、というお話で、誰もが経験する葛藤を描いているので、すべての人に届く作品になっていると思います。

■編成企画・稲葉直人氏コメント

今日会社に行けば上司に怒られる。今夜恋人に別れを告げられる。そんな辛い出来事が待ち受けているとき、“体験せずにやり過ごすことができたら”と思った経験はありませんか?この物語の主人公はそんなつらい体験から逃げる“力”を手に入れました。すべてのつらい事から逃げられるようになったとき、人はどんな景色を見るのでしょうか? 会心のお芝居をしていただいた三浦春馬さんと瑞々しい魅力にあふれた佐久間由衣さんのお2人が、どこにでもいる普通のカップルを完璧に演じ切りながら、最後には大切なメッセージを届けてくれるはずです。皆さんもテレビの前で2人の結末を見届けていただけると幸いです。

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.