くらし情報『乃木坂46生駒里奈、最後のセンター曲の裏側明かす「乃木坂との出会いは失いたくないから…」』

乃木坂46生駒里奈、最後のセンター曲の裏側明かす「乃木坂との出会いは失いたくないから…」

2018年4月13日 15:03
 

生駒里奈/モデルプレス=4月13日】乃木坂46の20th『シンクロニシティ』(4月25日発売)の各タイプに収録されるカップリング曲『Against』のMVが13日、公開された。卒業を控え、本作で“最後のセンター”を務める生駒里奈が、ブログで楽曲への思いをつづっている。

関連リンク

・トラヴィス・バーカーとウェス・ボーランドが新プロジェクトを発足
・デヴィッド・リーチ、人気ゲーム『ディビジョン』映画化に挑戦へ
・【沖縄国際映画祭】奥田瑛二、ゴリの監督業に太鼓判 外国映画祭公式招待で「行ったらわかる」

生駒里奈(C)モデルプレス


生駒里奈、ラストセンター曲に込めた思い

『Against』を歌うのは1期生メンバーで、1期生全員でMVを撮影するのは2015年「シャキイズム」ぶり。センター生駒の脇を固めるフロントは生田絵梨花星野みなみで、“生生星”にとっても最後の楽曲となる。

また、MVは生駒の「1期生の新しい一面が見せられるMusic Videoにしたい」という意向のもと、“ジャズダンスを踊る乃木坂46”が大きなコンセプトとなり、大サビ前には生駒が力強いソロダンスを披露している。

ブログでは、「この一期生だから、この仲間だからやりたいし、挑戦したい事ずっと頭の中でいつ形に出来るかとチャンスを伺っていて 今だ!!!と今しか出来ないと行動に移しました!!この曲は私にとっては挑戦」と楽曲に込めた思いを語った生駒。

「生駒が全てアイデア出した訳ではございませぬのでね!!」としつつ、自身のアイディアが反映されたMVとなったようで、「形にしたい!!というワクワクキラキラを現実にする為に乃木坂との出会いは失いたくないからで、『水玉模様』を撮って下さった丸山健志監督にお願い出来ますかと声をかけ、ダンスは様々踊ってきて学んだ事をと、自分もやった事のないジャンルを踊りたかったので舞台 こちら葛飾区亀有公園前派出所 で共演しました福澤侑さんにお願いしました」と制作陣も生駒の思いを受け取ったスタッフが集結。

完成したMVについては「私が観たかったものでした!」と胸を張り「挑戦と一番安心する心強い一期生と作品を作る。みんなも大変な撮影の中最高の物を出してくれました。本当に感謝しています。まだ見たことない面があるのか。。。凄いよ~」と仲間への感謝と敬意を伝えた。

◆『シンクロニシティ』は「一人で映像を観ながら震えてました」

また、表題曲『シンクロニシティ』についても「あぁ。。乃木坂だと一人で映像を観ながら震えてました。これは凄いぞっ!!!!まさにキタコレッッ!!!!」と感極まる思いがあったようで、「また乃木坂で素敵な景色を見る事が出来ました。そして乃木坂を通して素晴らしい才能に触れる事が出来ました こんな贅沢な時間を過ごしてきたんだなぁ もっとうまくならなきゃバチが当たるなぁ」と残りの乃木坂46としての時間へ向けて新たな決意をつづった。

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.