くらし情報『E-girlsの“オモテとウラの顔”徹底解説』

E-girlsの“オモテとウラの顔”徹底解説

2018年4月17日 19:24
 

【E-girls/モデルプレス=4月17日】E-girlsが、17日発売の雑誌『JELLY』6月号の表紙に登場。“オモテとウラの顔”を明かした。

関連リンク

・間宮祥太朗「半分、青い。」で朝ドラ初出演 “監督”斎藤工の家に居候する“魅惑のだめんず”
・欅坂46・志田愛佳「お泊り報道」の裏にあった自由すぎる行動
・瑛太が錦戸亮を“ボコボコに殴った午前2時”報道に芸能関係者は「またか」

E-girls/「JELLY」6月号(画像提供:ぶんか社)


今回11人全員で表紙を飾ったE-girls。ぎゅっと密着してカメラに目線を向ける彼女たちからは、いつもハッピーなムードで溢れている。そんな11人の素顔をより知るため、メンバーが“オモテとウラの顔”をテーマに語った。

◆E-girlsの“オモテとウラの顔”は?

山口乃々華は、E-girlsの“オモテの顔”について「最近出演したフェスで感じたのは、E-girlsはお客さんを笑顔にできるパワーを持っているんじゃないかということ。だから、オモテの顔は“みんなに元気を与えられるグループ”だと思います」とコメント。“女のコたちがいっぱい集まってるから大変そう”とよく言われるという石井杏奈は、「でも本当にみんなサバサバしてるからすごく居心地のいい場所なんです」と話した。

一方“ウラの顔”については、恋愛の妄想や食事の話など、年頃の女のコそのものだという。楓は、そんなE-girlsは「くじけそうなシーンでも、それを笑いに変えられるのがいいところ」とし、「そういうメンバーが一緒だから頑張れる!同じ境遇のみんなと一緒にいられる、というのがメンタルの強さに繋がっているのかもしれません」と11人の絆を示した。

◆E-girlsメンバーが解説 それぞれの素顔

ほかにも誌面では、それぞれのメンバーの“オモテとウラ”を紹介したり、新生E-girlsとして初のアルバムとなる『E.G. 11』(イージーイレブン/5月23日発売)について語ったりと、見どころが満載となっている。(modelpress編集部)

情報提供:ぶんか社

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.