くらし情報『強烈キャラで話題の元宝塚・ゆかりの小雪、退団は「勇気のいる事だった」タレント転向の理由と今後の目標を語る』

強烈キャラで話題の元宝塚・ゆかりの小雪、退団は「勇気のいる事だった」タレント転向の理由と今後の目標を語る

2018年5月16日 22:15
 

【ゆかりの小雪/モデルプレス=5月16日】15日放送の日本テレビ系バラエティ番組『踊る!さんま御殿!!』にてテレビ初出演し、強烈キャラが話題を呼んでいる元宝塚歌劇団でタレント・ゆかりの小雪。モデルプレスのインタビューに応じ、宝塚歌劇団退団のきっかけや今後の目標について語った。

関連リンク

・松坂桃李、「遊戯王好き」ANNから広まった結果…菅田将暉も爆笑の珍事
・春の楽ちんファッション!優秀な花柄ワンピースコーデ
・武田玲奈、透ける素肌がSEXY お風呂ショットで美ボディ披露
強烈キャラで話題の元宝塚・ゆかりの小雪、退団は「勇気のいる事だった」タレント転向の理由と今後の目標を語る

ゆかりの小雪(提供写真)


◆“金髪美女”元宝塚歌劇団・ゆかりの小雪、テレビ初出演で話題に

番組では、独特なペースで自己紹介。天然オーラ漂う口調や自分のことを「こゆたん」と呼ぶ強烈なキャラクターを発揮し、ネット上では「ゆかりの小雪ちゃんっていう子可愛いのに面白い」「キャラ濃すぎるww涙出るくらい笑った」「パンチ力すごい(笑)一気に好きになった」と反響が寄せられた。

これまで約6年間宝塚歌劇団の娘役として活躍してきたゆかりの小雪は、初めてのバラエティ番組出演に「お芝居では出せない自分の一面を出す事が出来て嬉しかったよん!」と手応えを感じている様子だ。

◆ゆかりの小雪、宝塚歌劇団退団…タレント転向の理由は?

宝塚時代は『A-EN(エイエン) ARTHUR VERSION』(2015)で初ヒロインを務めるなど、トップ娘役有力候補としても人気を博していたゆかりの小雪。2017年10月8日『All for One~ダルタニアンと太陽王~』東京公演千秋楽をもって退団した。

宝塚歌劇団を退団するのはとても悩んだし勇気のいる事だった」と本音をこぼしたが、「テレビも大好きだったので、バラエティタレントになりたいと思ったの」と決意を持って新たな道へ進んだという。

◆ゆかりの小雪、メイクの秘密は?美容法を明かす

個性的なキャラクターがネット上で話題となったが、メイクに注目する視聴者も続出。ぱっちりとした大きな目に高い鼻、真っ白な美肌と美貌を放っていたが、「動画を見て、自分に合ったお化粧を研究したりする」と日々の努力に秘訣が隠されていた。

さらに「私に合ったダイエット法は、食べる時間と順番を気をつける事」と説明。「夜食べたくなったら、明日のお昼までガマンする」とマイルールを明かした。

◆強烈なのはキャラだけじゃない?ゆかりの小雪のプライベートに迫る

また実家は裕福で、買い物は親のカード、親が部屋を掃除しに上京するなど、驚愕のエピソードが多数。「実家に高島屋の外商さんが来るって言ったらマネージャーさんがビックリしてた」。…サラッと伝えられた事実から凄さを目の当たりにした。

美しい容姿を持ち、なにも不自由はないように見えるゆかりの小雪だが、TBSバラエティ番組『有田哲平の夢なら醒めないで』出演時には、企画内で実は闇が深い…という一面も浮き彫りに。自身も「私はすごくフレンドリーなのに、フレンドがとても少ないの。何でだろう?」と悩みを打ち明けていた。

◆ゆかりの小雪、今後の活動は?

今後の活動については「バラエティ番組にたくさん出て、みなさんに笑顔と元気をお届けできるタレントになりたい!」と語り、「ローションスライダーとか楽しそう!」と意気込んでいた。

一気に“ゆかりの小雪ワールド”に引き込む魅力の詰まった彼女は、バラエティ番組に欠かせない存在になりそうだ。(modelpress編集部)

■ゆかりの小雪(ゆかりのこゆき)プロフィール

生年月日:1993年9月8日
出身:大阪府
身長:160cm
趣味:おしゃべり・YouTube鑑賞
特技:歌・芝居・芸人のギャグまね
やりたい事:ローションスライダー
習い事:バレエ・ピアノ・日本舞踊・声楽・会話
ジャズダンス・タップダンス・ジャズダンス

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.