くらし情報『EXILE岩田剛典、転職するなら…「意外と向いている」と手応え<Vision>』

EXILE岩田剛典、転職するなら…「意外と向いている」と手応え<Vision>

2018年5月17日 19:43
 

岩田剛典/モデルプレス=5月17日】17日、都内にて映画「Vision」(6月8日公開)の完成披露イベントが行われ、主演の永瀬正敏のほか、夏木マリ岩田剛典EXILE/三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、美波、森山未來河瀬直美監督が登壇した。

関連リンク

・『ピーターラビット』監督のコメディ感覚、『いいとも!』など日本も影響!?
・ウェス・アンダーソン監督、高畑勲さんに敬意示す「インスピレーションの源」
・この“おっさん”に世界中がラブ!『デッドプール2』で大活躍!?
EXILE岩田剛典、転職するなら…「意外と向いている」と手応え<Vision>

岩田剛典 (C)モデルプレス


岩田剛典、転職するなら…

今回、山守を演じた岩田。「特殊伐採を生業としている人物」と役柄について紹介し、「ロープ1本で木を登って、枝をノコギリで切り落とすってシーンを吹き替えを使わずにやりたいと思い、奈良で数日間練習した」と役作りも。そこでは手応えを感じたようで、「1日、2日で馴染んできて、意外と向いているのかな?って。転職するなら山守になりたい」と宣言し、会場を沸かせた。

また、物語の内容にちなみ“人生でもう一度会いたい大切な人”は?と質問を受けた場面では、「おじいちゃん。僕が生まれたときには亡くなっていたので会ったことない」と回答。「おじいちゃんに会ってみたいなっていうのは叶わない夢」としみじみと語るも、MCから「どんな方ですか?」とさらに質問されると「会ったことないので分からないです」とあっけらかん。その温度差に会場からは笑いが起きていた。

◆映画「Vision」

世界中から高い評価を受ける河瀬監督にとって、長編映画第10作となる今作は生まれ故郷である奈良が舞台。

幻の薬草“Vision”を探し求めるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ役のジュリエット・ビノシュ、吉野の山間で生活をする山守・智役の永瀬をダブル主演に迎え、智の目の前に突然現れる山守・鈴を岩田、ジャンヌのアシスタントを美波、智や鈴とは違う形ながらも山に生き、山を守る猟師の岳を森山、同じく猟師の源を田中泯(特別出演)、自然と共存しながら森で暮らす女・アキを夏木が演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.