くらし情報『知英、SEXYドレスで韓国凱旋 美背中&美脚あらわレッドカーペットで2000人を魅了』

知英、SEXYドレスで韓国凱旋 美背中&美脚あらわレッドカーペットで2000人を魅了

2018年7月12日 23:12
 

知英/モデルプレス=7月12日】女優の知英が12日、主演を務める日米合作映画「殺る女」(10月27日公開)を引っさげ、「プチョン国際ファンタスティック映画祭 2018」に登場。主演映画とともに故郷に凱旋し、セクシードレスでレッドカーペットを歩いた。

知英、SEXYドレスで韓国凱旋 美背中&美脚あらわレッドカーペットで2000人を魅了

知英(C)2018「殺る女」製作委員会


プチョン国際ファンタスティック映画祭は、アジアを代表するジャンル映画祭として「ラブ、ファンタジー、アドベンチャー」をテーマに掲げて上映されており、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭やヨーロピアン・ファンタスティック映画祭連盟などと共に協力し、ジャンル映画の普及に努め、アジア最大ともいえる映画祭の一つ。

知英、韓国凱旋レッドカーペットを闊歩

主演の知英駿河太郎宮野ケイジ監督がレッドカーペットに登場すると、ひときわ大きな歓声があがり、われんばかりの拍手に会場は包まれ、華々しい幕開けとなった。

今年一番の猛暑の中、知英は大胆な背中と美しい脚のラインが透けてみえるセクシーなドレスで、日頃から運動で鍛えた美しい体を披露。

かつて韓国で活動していた頃のあどけない少女の姿からは想像できない大人の女性として現地の報道陣・観客2000人を魅了した。

知英は「故郷の韓国の大きい映画祭に参加できて光栄です。レットカーペットを歩くときにみんなから知英こっち見て!後ろ振り向いて!と声を掛けてもらって、ありがたかったです久々に韓国に来てファンの皆さんに会えたことが何より嬉しいです」と喜びのコメントを寄せた。

同作は、日本・韓国・アメリカ・フィリピン・タイ・デンマークと世界のスターが競演する日米合作映画。幼い頃、家族の命を奪われた女・愛子(知英)が殺し屋となり、犯人を探し出そうとする復讐劇を描く。

ほか、アクション女優として国際的に定評のある武田梨奈、LAの映画祭で最優秀主演男優賞を受賞し数々の出演作で急成長を遂げている駿河太郎、元K−1選手のニコラス・ペタス、そしてセリーヌ・ディオンとの共演した歌手シャリースも出演。

プチョン国際ファンタスティック映画祭ではWorld Fantastic Red部門に正式出品され、7月13日に韓国にて世界最速上映される。また知英は、今年4月に行われた沖縄国際映画祭で、主演映画『レオン』が観客の人気投票で決まる観客賞を受賞。7月14日に公開となる映画『私の人生なのに』ではオリンピック候補選手として将来を期待されながらも、脊髄梗塞で倒れ下半身麻痺となってしまう主人公を演じる。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.