くらし情報『EXILE、3年ぶりドームツアーでコラボ実現「感動して鳥肌が立ちました」』

2018年10月22日 12:39

EXILE、3年ぶりドームツアーでコラボ実現「感動して鳥肌が立ちました」

EXILE/モデルプレス=10月22日】今年活動を再開したEXILEが21日、約3年振りとなる5大ドームツアー『EXILE LIVE TOUR 2018-2019“STAR OF WISH”』の東京ドーム公演を開催し、東日本大震災で被災に遭った岩手・釜石市立釜石東中学校の生徒114名と共に、復興支援ソング「Rising Sun」のパフォーマンスを披露した。

目次

・「夢の課外授業 中学生Rising Sun Project」
・EXILE USA、緊張する生徒にエール
・EXILE、3年ぶりドームツアーでコラボ実現
・EXILE USA&TETSUYA、想い語る
EXILE、3年ぶりドームツアーでコラボ実現「感動して鳥肌が立ちました」

EXILE LIVE TOUR 2018-2019“STAR OF WISH”』10月21日公演より(画像提供:LDH JAPAN)


◆「夢の課外授業 中学生Rising Sun Project」

今回の共演は、東日本大震災など被災地の復興を願うダンスプロジェクト「ダンスで日本を元気に! 夢の課外授業 中学生Rising Sun Project」の一環として実施。LDHが掲げる『エンタテインメントだからこそできる社会貢献活動』をテーマに、2011年に起こった東日本大震災をきっかけに発足した同プロジェクトは、EXILEメンバーがダンスの「先生」として、中学生に復興支援ソング「Rising Sun」の振り付けを教えるという内容で、これまでに約3,000人の中学生が参加している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.