くらし情報『アメリカ初のポスターミュージアム「ポスターハウス」NYに開館』

2019年6月20日 15:00

アメリカ初のポスターミュージアム「ポスターハウス」NYに開館

【ポスターハウス/女子旅プレス】アメリカ初のポスターに特化したミュージアム「ポスターハウス(Poster House)」の一般公開が、2019年6月20日よりスタートした。

目次

・アナログ×デジタルの常設インスタレーション
・Poster House概要
アメリカ初のポスターミュージアム「ポスターハウス」NYに開館

Poster House/Samuel Morgan Photography


ニューヨークのチェルシーエリアに誕生した同施設は、グラフィックデザインがもたらす社会へのインパクトに着目し、後世に伝えること目的としたミュージアム。展覧会、イベント、そして出版物など、1800年代から現在までに使用されてきた、世界的なポスターの歴史を展示している。

◆アナログ×デジタルの常設インスタレーション

館内には展示物だけでなく、来場者たちのポスターに対する興味関心を刺激する4つの常設インスタレーションを設置。

まず『Children’s Area(チルドレンエリア)』では、塗り絵ができるウォールペイントやマグネットポスター、新聞の売店とビンテージの公衆電話、そしてシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの4つの色からどのようにポスターが作られるのかを体験できるブースなど、ポスターが隆盛を極めた1960年代のニューヨークシーンをフューチャーして展示。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.