くらし情報『有村架純、自身初の挑戦で存在感<駅までの道をおしえて>』

2019年6月25日 05:00

有村架純、自身初の挑戦で存在感<駅までの道をおしえて>

有村架純/モデルプレス=6月25日】女優の有村架純が映画『駅までの道をおしえて』(10月18日公開)でモノローグに初挑戦する。

目次

・有村架純も出演存在感示す
・有村架純コメント


有村架純、自身初の挑戦で存在感<駅までの道をおしえて>

有村架純(C)2019 映画「駅までの道をおしえて」production committee


同作は『大人の流儀』シリーズで知られる、直木賞作家・伊集院静氏原作の同名小説『駅までの道をおしえて』(講談社文庫)が原作。愛犬がもたらす、女の子とおじいさんの絆の物語で、命の喪失感が温かい思い出に変わる、ささやかな奇跡のストーリーとなっている。

主人公サヤカ役には、NHK 2020応援ソング「パプリカ」を歌う音楽ユニット「Foorin」のメンバーとしても活躍し、仏アニメ『ディリリとパリの時間旅行』(8月24日公開)で声優として主演もつとめる新津ちせを抜擢。サヤカと出会い、心を通わせることになる孤独な老人・フセ役を演じるのはパリを拠点に俳優・演出家として活躍し、マーティン・スコセッシ監督の『沈黙 -サイレンス-』でも印象を残した笈田ヨシサヤカを温かく見守る両親役には坂井真紀滝藤賢一サヤカの親戚役にマキタスポーツ羽田美智子、祖父母役には市毛良枝塩見三省が扮し、さらにサヤカを取り囲む重要人物として柄本明が動物病院の院長役、余貴美子が病院の看護師長役を務め、日本を代表する豪華俳優陣の共演が実現した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.