くらし情報『加藤小夏「踊ってミタ」で映画初ヒロイン 本格銀幕デビュー』

2019年6月24日 12:27

加藤小夏「踊ってミタ」で映画初ヒロイン 本格銀幕デビュー

加藤小夏/モデルプレス=6月24日】女優の加藤小夏が、岡山天音主演の映画「踊ってミタ」(2020年春公開)でヒロインをつとめることがわかった。

目次

・加藤小夏「踊ってミタ」ヒロイン抜てき
・加藤小夏の起用理由は?
・横田真悠ら「踊ってミタ」追加キャスト発表
・加藤小夏コメント
・加藤小夏(かとう・こなつ)プロフィール
加藤小夏「踊ってミタ」で映画初ヒロイン 本格銀幕デビュー

加藤小夏(C)2020「踊ってミタ」製作委員会


加藤小夏「踊ってミタ」ヒロイン抜てき

オーディションによって選ばれ、映画本格出演作となる加藤は、元アイドルで女子高生・古泉(こいずみ)ニナ役。アイドルデビューするもののブレイクできず、家庭の事情で脱退したが、夢をあきらめきれないという役どころ。岡山演じる主人公・三田と並行した、もう1つの軸として物語が展開していく。

加藤は、同作出演について「岡山天音さんをはじめ素敵なキャストの皆さん、飯塚監督、スタッフさんたちのお陰で、古泉ニナとして真っ直ぐにぶつかり、作品と向き合うことができました」と回想。「私はダンスがきっかけでこの仕事を始めたので、女優として踊りの仕事をできることに幸せを感じています。この作品を通して一歩を踏み出すきっかけになれたら嬉しいです」と意気込みを語った。

加藤小夏の起用理由は?

また、飯塚監督は加藤の起用理由を「初めて会った時、格好良いなと思いました。ぼくが描く格好悪いヒロインを演じたらどうなるのだろうと興味を持ちました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.