くらし情報『乃木坂46ドキュメンタリー映画、思い入れのあるシーンは?「ゴンゾウ」「エンドロールの齋藤飛鳥」<いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46>』

2019年6月25日 20:53

乃木坂46ドキュメンタリー映画、思い入れのあるシーンは?「ゴンゾウ」「エンドロールの齋藤飛鳥」<いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46>

乃木坂46/モデルプレス=6月25日】25日、都内で行われた乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」(7月5日公開)の完成披露上映会に、秋元真夏齋藤飛鳥高山一実梅澤美波与田祐希、メガホンをとった岩下力監督が登壇した。

目次

・乃木坂46ドキュメンタリー映画、思い入れのあるシーンは?
・乃木坂46ドキュメンタリー映画、予告編公開
・ドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」


乃木坂46ドキュメンタリー映画、思い入れのあるシーンは?「ゴンゾウ」「エンドロールの齋藤飛鳥」<いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46>

(左から)与田祐希高山一実齋藤飛鳥梅澤美波秋元真夏 (C)モデルプレス


乃木坂46ドキュメンタリー映画、思い入れのあるシーンは?

同作で思い入れのあるシーンを聞かれると、秋元はメンバーの生田絵梨花とのシーンを挙げ「普段聞くことができなかった部分を語っているんですけど、それが嬉しくて、映画が終わってからすぐに『いくちゃん!』って連絡したくらいでした(笑)」と生田への愛が溢れたことを報告。

高山は「エンドロールのあす(齋藤)が本読んでいるところ、あそこめっちゃ可愛かった!最後に『可愛い!』と思った」と身振り手振りで細かい注目ポイントを熱弁。

齋藤は「恥ずかしい」と照れつつも、「1番の注目点を言いますと」と切り出し「レコ大で2年連続大賞を受賞して、良いグループだなというシーンなのですが、我らがマネージャーがちゃんとでてきて、ひとボケかますんですけど、そこは日本中が笑いに包まれると思います(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.