くらし情報『元KARAハラ、生放送の衣装ハプニング謝罪 プロ意識に賞賛集まる』

2019年6月27日 00:13

元KARAハラ、生放送の衣装ハプニング謝罪 プロ意識に賞賛集まる

【HARA/モデルプレス=6月27日】韓国のガールズグループ・KARA出身でアーティストのク・ハラ(HARA)が26日、生放送のテレビ東京開局55周年特別企画「テレ東音楽祭 2019」(夕方5時55分~夜10時54分 ※一部事前収録あり)に出演した。

目次

・ハラ、自殺未遂騒動後初のテレビ出演で笑顔見せる
・ハラ、放送事故にも屈さぬ姿勢に賞賛の声


元KARAハラ、生放送の衣装ハプニング謝罪 プロ意識に賞賛集まる

ク・ハラ (C)モデルプレス


◆ハラ、自殺未遂騒動後初のテレビ出演で笑顔見せる

先月26日に自殺未遂で病院に搬送され、騒動後初のテレビ出演となったハラ。MCの国分太一から体調を心配されると、日本語で「ご覧の通り、ハラはものすごく元気です」と笑顔を見せ、「これからハラらしく歌手として一生懸命活動したいと思います、応援よろしくおねがいします」と意気込んだ。

◆ハラ、放送事故にも屈さぬ姿勢に賞賛の声

パフォーマンスでは、KARAの大ヒット曲「ミスター」を、沖縄出身のガールズグループ、Chuning Candyと共に披露したハラ。しかし曲の途中で衣装のドレスが下がってしまい、胸元から下着が露出してしまうハプニングが。しかしすぐに自分で衣装を直し、そのままステージをやり遂げた。

パフォーマンス後、スタジオで国分から「ちょっとハラハラする事件がありましたね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.