くらし情報『金子大地、吉田鋼太郎の演出作で舞台初挑戦に期待の声』

2019年7月23日 05:30

金子大地、吉田鋼太郎の演出作で舞台初挑戦に期待の声

【モデルプレス=2019/07/23】俳優の金子大地が、2020年2月14日より彩の国さいたま芸術劇場大ホールで上演される舞台「彩の国シェイクスピア・シリーズ第35弾『ヘンリー八世』」(~3月1日まで)に出演することが発表された。金子にとって初舞台となる。ネット上では期待の声が寄せられている。

目次

・主演は阿部寛
・金子大地、舞台初挑戦
・吉田鋼太郎「必ず素晴らしい初舞台になると確信」
・ネットで期待の声
・吉田鋼太郎コメント
・金子大地コメント


金子大地、吉田鋼太郎の演出作で舞台初挑戦に期待の声

金子大地(提供画像)


1998年のスタート以来、芸術監督蜷川幸雄のもとで、国内外に次々と話題作を発表してきたシェイクスピア全37戯曲の完全上演を目指す彩の国シェイクスピア・シリーズ。2017年12月、シリーズ2代目芸術監督に就任した俳優・吉田鋼太郎が演出する「アテネのタイモン」でシリーズが再開され、今回の歴史劇『ヘンリー八世』は、吉田演出の3作目。

ヘンリー八世をめぐる英国王家のスキャンダルと、その裏に交錯する欲望と謀略、熾烈な地位争いを、シェイクスピア作品に造詣の深い吉田の演出と豪華キャストが蘇らせる。

◆主演は阿部寛

ヘンリー八世役には、同シリーズで「シンベリン」「ジュリアス・シーザー」にも主演した阿部寛。そのほか吉田、金子、宮本裕子山谷花純谷田歩河内大和など実力派キャストが集結した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.