くらし情報『賀来賢人「ライオン・キング」吹替は「入り込んでいく感覚」』

2019年7月22日 21:11

賀来賢人「ライオン・キング」吹替は「入り込んでいく感覚」

【モデルプレス=2019/07/22】俳優の賀来賢人が22日、都内で開催された映画『ライオン・キング』(8月9日公開)のジャパンプレミアイベントに登壇した。

賀来賢人「ライオン・キング」吹替は「入り込んでいく感覚」

「ライオン・キング」ジャパンプレミアイベントに登壇した賀来賢人 (C)モデルプレス


賀来賢人「ライオン・キング」実写に「圧倒されました」

本作は、1994年に公開して大ヒットを飛ばした同名のアニメーション映画を実写化。当日は、本作のメガホンを取ったジョン・ファヴロー監督のほか、スカー役の江口洋介、ナラ役の門山葉子も出席。また、日本版オフィシャルソング「サークル・オブ・ライフ」を務めるRIRIも個性的な衣装で登壇し、同曲を熱唱して会場を盛り上げた。

広大なサバンナを舞台に冒険を繰り広げる主人公・シンバの日本語吹き替えを務めた賀来は、チェック柄のスーツにアニマル柄のネクタイを合わせたスタイルで登場。日本で最速の一般試写に駆け付けた観客に向けて「皆様、初めて日本で『ライオン・キング』を見るということで、最後までぜひ楽しんでください。今日はよろしくお願いします」と笑顔を見せた。

『ライオン・キング』のストーリーの魅力に話が及ぶと、賀来は「最初はやっぱり、難しさもあったんですけど、やっていくうちに、すごく繊細な表情をシンバがするんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.