くらし情報『Sexy Zone中島健人&菊池風磨「anan」バディ特集で表紙 “11年間”を語る』

2019年8月19日 00:00

Sexy Zone中島健人&菊池風磨「anan」バディ特集で表紙 “11年間”を語る

【モデルプレス=2019/08/19】Sexy Zoneの中島健人菊池風磨が、28日発売雑誌『anan』2165号“バディ”特集の表紙&巻頭グラビアを飾る。

目次

・中島健人&菊池風磨『anan』“バディ”特集に
・“ふまけん”が3つの世界を表現
・中島健人、菊池風磨が去った後に語ったこととは…
・岸優太&神宮寺勇太、藤原丈一郎&大橋和也も


Sexy Zone中島健人&菊池風磨「anan」バディ特集で表紙 “11年間”を語る

anan2165号(8月28日発売)/表紙:中島健人菊池風磨(C)マガジンハウス


中島健人菊池風磨『anan』“バディ”特集に

同時期にジャニーズ事務所に入所、Sexy Zoneのデビューを経て、少年から青年、そして大人の男性に成長してきた11年間。切磋琢磨し続け、培われたグルーヴや温度感は唯一無二。そんな中島と菊池が表紙に登場する今号の特集テーマは「相性(バディ)の化学反応」。

『anan』では、今まで様々な切り口で相性、人間関係についての特集をしてきたが、今回は1対1の人間関係にフォーカスした相性特集。相性を生かして人間関係を築き、支え合うことで、2人組からは信じられないパワーが生まれる。そんなふたりの組み合わせが起こす、現代の仕事や人間関係の可能性に迫る一冊となる。

◆“ふまけん”が3つの世界を表現

中島と菊池は“ふまけん”の愛称で呼ばれ、ステージで対になってパートを担当する「シンメ」(※シンメトリーの略)として人気を誇る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.