くらし情報『乃木坂46井上小百合が主演 12年の時を経て「フラガール」舞台化』

2019年8月20日 12:10

乃木坂46井上小百合が主演 12年の時を経て「フラガール」舞台化

【モデルプレス=2019/08/20】2006年に日本アカデミー賞を総なめにした映画「フラガール」が、12年の時を超えて『フラガール - dance for smile -』として本格舞台化されることが決定。主演は、乃木坂46井上小百合が務める。

目次

・井上小百合、矢島舞美、富田望生らが出演
・ストーリー


乃木坂46井上小百合が主演 12年の時を経て「フラガール」舞台化

井上小百合(提供写真)


映画監督の李相日氏は、昭和40年という時代を背景に、エネルギーの石油化の波に飲まれながらも、需要の下がる石炭を堀り続ける福島県いわき市の炭鉱町を描き、滅んでいく産業の中で働く人間が、力強く生きていく姿をみごとに表現し、常磐ハワイアンセンター設立までのエピソードを、フラガールに生まれ変わっていく少女達の笑顔と涙で描ききった。

井上小百合矢島舞美富田望生らが出演

今回、12年の時を超え舞台化にあたり、フレッシュなキャストが集結。井上はフラガールのリーダー谷川紀美子役を演じる。そのほか、かつて都会のダンサーだったにもかかわらず炭鉱の娘達にフラダンスを指導することになる平山まどか先生役に元℃-uteのリーダー・矢島舞美、父親に勧められフラガールに参加する引きこもりの娘で、映画版では南海キャンディーズ山崎静代が演じた、熊野小百合役に富田望生、また、フラガールのメンバーには、「トクサツガガガ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.