くらし情報『矢本悠馬、父親役を演じて結婚を決意?「とてもいい影響を得た作品」<アイネクライネナハトムジーク>』

2019年8月21日 21:05

矢本悠馬、父親役を演じて結婚を決意?「とてもいい影響を得た作品」<アイネクライネナハトムジーク>

【モデルプレス=2019/08/21】俳優の矢本悠馬が21日、都内にて行われた映画『アイネクライネナハトムジーク』(9月20日公開)完成披露舞台挨拶に、主演の三浦春馬をはじめ、多部未華子森絵梨佳恒松祐里萩原利久貫地谷しほり原田泰造、今泉力哉監督とともに出席した。

矢本悠馬、父親役を演じて結婚を決意?「とてもいい影響を得た作品」<アイネクライネナハトムジーク>

矢本悠馬(C)モデルプレス


今年1月に結婚し、7月に第1子が誕生したことを発表していた矢本。今作の撮影は結婚前に行い、高校生の娘がいる父親役を演じていた。

矢本は「役者とデビューしてから、高校生役と高校生の制服を着すぎて、世間では僕を高校生と思っている人もいると思うんですよ。その中で父親を演じるプレッシャー(があって)、まずは体重を増やしました」と告白。「当時は結婚もしていなかったし、子どももいなかったので、想像で補うしかなかった」と役作りの苦労を明かした。

しかし、今作で父親役をやったことがきっかけで「結婚とか家族とか楽しそうだなという発想になって、今年結婚したんだと思います」と幸せいっぱいに話すと会場からは温かな拍手が。「とてもいい影響を得た作品になりました」と笑顔をみせた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.