くらし情報『安藤サクラ「いだてん」で“東洋の魔女”主将役 浅野忠信・徳井義実ら新キャスト発表』

2019年8月22日 13:08

安藤サクラ「いだてん」で“東洋の魔女”主将役 浅野忠信・徳井義実ら新キャスト発表

【モデルプレス=2019/08/22】浅野忠信徳井義実安藤サクラら、歌舞伎俳優の中村勘九郎と俳優の阿部サダヲがW主演を務める2019年NHK大河ドラマ「いだてん」(毎週日曜よる8時~)の新キャストが発表された。

目次

・浅野忠信、初のオリンピック担当大臣・川島正次郎役
・徳井義実、名監督・大松博文役
・安藤サクラ“東洋の魔女”の主将・河西昌枝役
・浅野忠信コメント
・徳井義実コメント
・安藤サクラコメント


安藤サクラ「いだてん」で“東洋の魔女”主将役 浅野忠信・徳井義実ら新キャスト発表

安藤サクラ (提供写真)


浅野忠信、初のオリンピック担当大臣・川島正次郎役

浅野は自民党幹事長、初のオリンピック担当大臣・川島正次郎役。

戦前・戦後にわたって活躍した大物政治家。ナンバー2でいることを好み、自民党幹事長や副総裁の座に長く君臨した。粋な遊び人で花柳界にも通じ、日本画や歌舞伎を愛する文化人でもあった人物。

「政界一寸先は闇」などの語録で知られ、背広のポケットに手を突っ込んで口笛を吹きながらさっそうと歩く姿から“陽気な寝業師”ともいわれ、初のオリンピック担当大臣として田畑と対立し、田畑失脚の引き金となる。

徳井義実、名監督・大松博文

徳井は1964年東京オリンピック女子バレーボール日本代表監督の大松博文役。

女子バレーボールの実業団「日紡貝塚」を率い、175連勝という大記録を打ち立てた名監督。“燃え尽き症候群”になっていたところを田畑に説得されて現場に復帰、1964年東京オリンピックで金メダルをもたらす。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.