くらし情報『池松壮亮、ピエール瀧への思い語り涙ぐむ「あの人の目は本気でした」<宮本から君へ>』

2019年8月22日 19:47

池松壮亮、ピエール瀧への思い語り涙ぐむ「あの人の目は本気でした」<宮本から君へ>

【モデルプレス=2019/08/22】俳優の池松壮亮が22日、都内で行われた主演映画『宮本から君へ』(9月27日公開)の完成披露舞台挨拶に、共演の蒼井優井浦新、一ノ瀬ワタル、真利子哲也監督、原作の新井英樹とともに登壇。池松は、同作に出演するピエール瀧への思いを語った。

池松壮亮、ピエール瀧への思い語り涙ぐむ「あの人の目は本気でした」<宮本から君へ>

ピエール瀧への思いを語った池松壮亮(C)モデルプレス


瀧は昨年9月から10月に行われた撮影に参加したが、今年3月に麻薬及び向精神薬取締法違反の容疑で逮捕され4月に同法違反罪で起訴された。

同作の製作委員会は、瀧が保釈された5月に「事件発覚後、幾度となく協議を重ねてまいりました。その結果、ピエール瀧氏は、今後も法律に従って裁定が下されることになり、それ以上の措置について、本作品が関与するものではないという結論に至り、製作委員会の総意として、本作品の改編・追加撮影を行わないまま、劇場公開することと致しました」と説明していた。

池松壮亮ピエール瀧への思い

池松は冒頭、「公開まで1ヶ月ありますがこういう日を迎えられて幸せに思います」と挨拶しながら、「ちょっと喋りますね。本当に物語同様、いろいろなことがこの日までありまして…」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.