くらし情報『「なつぞら」脚本・大森寿美男インタビュー<1>誤算は山田裕貴の芝居が上手すぎたこと “雪次郎回”振り返る』

2019年8月24日 08:30

「なつぞら」脚本・大森寿美男インタビュー<1>誤算は山田裕貴の芝居が上手すぎたこと “雪次郎回”振り返る

【モデルプレス=2019/08/24】女優の広瀬すずがヒロイン・なつを演じるNHK連続テレビ小説『なつぞら』(NHK総合/月曜~土曜あさ8時)が、最終回の9月28日までいよいよ1ヶ月ほどに迫った。この度、脱稿した脚本・大森寿美男氏が、モデルプレスなどのインタビューに応じた。<1>

目次

・脚本・大森寿美男氏「ハマった」“雪次郎回”振り返る
・誤算は山田裕貴の芝居が上手すぎたこと


「なつぞら」脚本・大森寿美男インタビュー<1>誤算は山田裕貴の芝居が上手すぎたこと “雪次郎回”振り返る

山田裕貴/ 『なつぞら』より(C)NHK


◆脚本・大森寿美男氏「ハマった」“雪次郎回”振り返る

100作目の“朝ドラ”『なつぞら』は、戦争で両親を失いながらも北海道・十勝でたくましく育ったヒロイン・なつが、当時まだ「漫画映画」と呼ばれていたアニメーションの世界に挑む姿を描く大森氏のオリジナル作品。

アニメーターという夢を叶えるため上京したなつが仕事に奮闘する姿も描かれているが、あくまで物語の軸はホームドラマ。「なつの場合は、北海道の柴田家、新宿の風車、そして結婚して自分のホームができるので、3つのホームに分けて考えていた」と大森氏。

それぞれの“ホーム”で関わっている登場人物を中心に物語が展開される週もあり、柴田家の長女・夕見子(福地桃子)の駆け落ち、なつの北海道からの幼なじみで劇団「赤い星座」で役者をしていた雪次郎(山田裕貴

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.