くらし情報『いとうあさこ、改めて謝罪「不安と恐怖があって…」<24時間テレビ42/24時間駅伝>』

2019年8月26日 00:37

いとうあさこ、改めて謝罪「不安と恐怖があって…」<24時間テレビ42/24時間駅伝>

【モデルプレス=2019/08/26】日本テレビ系にて放送された「24時間テレビ42 愛は地球を救う」(8月24日・25日放送)で行われた「24時間駅伝」でチャリティーランナーを務めた1区・近藤春菜ハリセンボン)、2区・よしこ(ガンバレルーヤ)、3区・水卜麻美アナウンサー、最終4区・いとうあさこが放送終了後、取材に応じた。

目次

・近藤春菜・よしこ・水卜麻美、改めて心境を明かす
・「24時間テレビ42 愛は地球を救う」


いとうあさこ、改めて謝罪「不安と恐怖があって…」<24時間テレビ42/24時間駅伝>

近藤春菜いとうあさこ、よしこ、水卜麻美(C)日本テレビ


アンカーを務めたいとうは「何回も言っちゃうけど、時間内にゴールできなかったのは悔しかったけど、4人が繋げてよかった」と率直な心境を明かし、「信号の度に意識が飛んじゃう。けど、走ったら平気だった」と振り返った。

また、最後の2時間はトレーナーから放送時間内ゴールは間に合わないと言われていたそうで「これはあと2時間保たないんじゃないのかなって、不安と恐怖があって」とネガティブな心境になっていたことも明かし、「(トレーナーさんが)仙骨を触ってくれて、そうすると人って進むんだって」と、前に進めたことを話した。

近藤春菜・よしこ・水卜麻美、改めて心境を明かす

一方、第1走者となった近藤は「人生で自分で自ら、こんな長い距離を走ろうと一度も思ったことがなかったので、走り終わったとき自分がどうなるのか、どういう自分の中で変化が生まれるのか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.