くらし情報『若月佑美、舞台「GOZEN -狂乱の剣-」開幕で意気込み「愛に狂っていく姿がとても美しい」』

2019年9月12日 22:46

若月佑美、舞台「GOZEN -狂乱の剣-」開幕で意気込み「愛に狂っていく姿がとても美しい」

【モデルプレス=2019/09/12】女優の若月佑美が、12日に都内で開催された東映ムビ×ステ 舞台『GOZEN -狂乱の剣-』公開ゲネプロ及び囲み取材に出席した。

目次

・元木聖也・若月佑美、舞台『GOZEN -狂乱の剣-』に意気込み
・元木聖也・若月佑美、見どころは?


若月佑美、舞台「GOZEN -狂乱の剣-」開幕で意気込み「愛に狂っていく姿がとても美しい」

若月佑美 (C)モデルプレス


元木聖也若月佑美、舞台『GOZEN -狂乱の剣-』に意気込み

本作は、府月藩・藩主の嫡男・望月八弥斗(矢崎広)が、父を暗殺した望月甲斐正波岡一喜)に復讐を果たそうとする姿を描く時代劇アクション。元木聖也は怪しげな剣士・流狂四郎を、若月は八弥斗の恋人・小松原奈奈を演じる。囲み取材には、矢崎と波岡、そして前山剛久松村龍之介毛利亘宏(脚本・演出)も出席した。

元木は初日を迎える心境を問われると「映画の方ではあまり深く描かれていなかった人物が、今回舞台『GOZEN -狂乱の剣-』の方では、より濃く、この人ってこんな風にしゃべるんだとか、こんな風に動くんだってところが、たくさん描かれています」とコメント。

また「毛利さんの台本を見て、こんなにでかいスケールの舞台になったんだ!っていうのが、僕は読んだ時の正直な感想で。その世界観が本当にすごくて、そこにどんどんどんどん引き込まれていくような台本でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.