くらし情報『三浦春馬「TWO WEEKS」クランクアップ 初の父親役は「大きな財産」』

2019年9月17日 07:00

三浦春馬「TWO WEEKS」クランクアップ 初の父親役は「大きな財産」

【モデルプレス=2019/09/17】俳優の三浦春馬が、このほど主演を務めるカンテレ・フジテレビ系ドラマ『TWO WEEKS』(9月17日よる9時~最終話)のクランクアップを迎えた。

目次

・三浦春馬へ「本当の子どもができるまでずっと娘でいさせてください」
・三浦春馬「忘れられない20代最後の夏になりました」
・『TWO WEEKS』最終話あらすじ


三浦春馬「TWO WEEKS」クランクアップ 初の父親役は「大きな財産」

稲垣来泉、三浦春馬 (画像提供:関西テレビ)


同作は、殺人の濡れ衣を着せられた主人公・結城大地(三浦)が、白血病の娘・はな(稲垣来泉)の命を救うために挑む、2週間の逃亡劇を描くタイムリミットサスペンス。三浦に加えて、検事・月島楓役として芳根京子、結城の元恋人・青柳すみれ役として比嘉愛未、刑事・有馬海忠役として三浦貴大、悪徳実業家・柴崎要役として高嶋政伸、国会議員・久我早穂子役として黒木瞳が出演している。

三浦春馬へ「本当の子どもができるまでずっと娘でいさせてください」

監督からラストカットのOKが出ると、スタッフからの「結城大地役・三浦春馬さん、オールアップです!」という掛け声とともに、大きな拍手に包まれた現場。立ち会った芳根から花束が手渡され、続いて娘・はなを演じた稲垣が駆け寄ると、三浦は「おいで!」と稲垣を抱きかかえた。

そして、「皆さん、本当にありがとうございました。スタッフの皆さんのいつも和気あいあいとした空気感が、僕たちキャストにとっても本当に助けになりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.